ホンマ ツアーワールド TW737 455 ドライバー

DSCN0023.jpg

ホンマ ツアーワールド TW737 455 ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 9.5°  シャフト 純正カーボン VIZARD EX-A65(S)

○飛距離

 飛距離性能についてはまずまずといった感じ、バカ飛びはしないが当てるだけで安定してそれなりに飛んでくれるので平均飛距離は上々という印象である。
球も上がりやすく、キャリーとランのバランスも程よくオーソドックスな飛び方をするように感じた。
460モデルが明らかな低スピン系だったのに対し初心者や中級者全般が享受できる飛距離性能と言える。
どんなユーザーが打ってもそこそこ結果を出してくれる安定感のある飛距離性能である。

○方向性、やさしさ

 方向性についても460より捕まりはよくナチュラルにボールを捕まえてくれる。
スライサー用のような強い挙動ではなく自然な挙動なのでドローヒッターでもそんなに気にならないレベルである。
フェードヒッター~ストレートヒッターあたりがストライクゾーンだが捕まり感が欲しいドローヒッターでも問題なさそうだ。
直進性も優秀で重心が深いおかげで弾道の安定感はよくセミアスリートモデルの中でもやさしく感じる。
やさしさについても同様で460モデルよりも球も上がりやすくオーソドックスで扱いやすい分余計にやさしく感じられるように思う。
実際のスイートスポットはそれほど変わらないかもしれないが挙動や弾道がやさしく感じさせてくれる。
セミアスリートモデルとしては平均的なものよりはやさしい部類に入るだろう。

○構えやすさ
DSCN0025.jpg

 やさしめのセミアスリートモデルとしては非常に構えやすい。
このジャンルだろ気持ちフックめのモデルが多いがフェースアングルはストレートでびしっとターゲット方向を向いてくれる。
体積は大きいながらもクラウンの形状はオーソドックスかつ上品で締まりを感じさせる。
これよりシャープだとやや初心者だと緊張感を強いられるが初心者には安心感があり中級者にとってはもったりしすぎないほどよくシェイプされた見た目で好感が持てる。

○打感

 やさしめのセミアスリートモデルとしては上質な打感で良い印象。
弾き感は少しあるが全体的にしっとりとしたアスリートモデルらしい落ち着いた打感である。
球持ちも良くたわむ感触もありコントローラブルでしっかり球を捕まえてから飛ばす感覚が伝わる。
バリバリのアスリートモデルに比べると重厚感は足りないものの多くのゴルファーはこれで良いと感じれるレベルにはある。
セミスリートモデルには打感がいまいちなものもあるが同ジャンルとしてはかなり良い部類に入ると思う。

○総括

 実質ツアーワールドシリーズの初心者~中級者向きのモデルと言えるやさしくて上質なドライバーである。
460モデルが飛距離に特化した分やや扱いずらく体積の割には思ったほどイージーでなくやさしく感じにくかったのに対しこの455モデルはオーソドックスにやさしくまとまっているので誰が打ってもやさしく感じれるオールマイティーなやさしさがある。
飛距離性能や低スピン性能では460に劣るかもしれないが平均飛距離や感性に訴えかける部分ではこちらの方が勝っているように感じた。
初心者でイージーな方を探している方には迷わず455をおすすめしたい。

採点

飛距離B 方向性B やさしさA 構えやすさA 打感B

弾道  ややドロー

総合点  85点




スポンサーサイト

ホンマ ツアーワールド TW737 460 ドライバー

DSCN0021.jpg

ホンマ ツアーワールド TW737 460 ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 9.5°   シャフト 純正カーボンVIZARD EX-A65(S)

○飛距離

 飛距離性能についてはしっかり当たれば飛ぶなという印象はあるがミスヒットとの差が大きく総じてそこそこという印象。
初心者向きの460CCモデルと思って打つと思いのほか球は上がらないし明らかに低スピン系のドライバーで楽に飛ばせるという印象はない。
460CCだからとHSがそれほどないゴルファーが何気に手を伸ばすと思いのほか飛ばなく感じるではないだろうか。
逆にミスヒットは多いがパワーがあるゴルファーならその特性でとりあえず飛ばすことは可能かもしれない。
どちらにしてもやさしく飛ばせるドライバーとは言いにくいように感じた。

○方向性、やさしさ

 方向性についてイメージよりはかなり捕まらない印象であった。
460モデルということでスライサーやフェードヒッターを意識した捕まりの良いモデルかと思っていたがむしろ捕まりにくいドライバーに感じた。
小生通常であればストレート~軽いドローとなるのだがほぼストレートか気を抜けば軽くフェードしそうな弾道であった。
ハードヒッターやドロー系のゴルファーの方が相性はよさそうだ。
直進性も同様にそれほど高くないように思った。打った印象だとロフトが立って当たるような感じで慣性モーメントが極大のドライバーにあるような初心者向きの抜群の安定感はない。
もちろん体積が寄与してか曲がりやすいとまではいかないが見た目よりは直進性はないように思える。
やさしさについては球の上がりにくさもあって楽な感じはなく体積の割には優しく感じることはなかった。
同様の体積のドライバーだとどこにあったってもそこそこ方向性も飛距離も安定しているがそれほどの安心感や安定感は感じにくく初心者向けとはいいにくい印象であった。

○構えやすさ

DSCN0022.jpg

構えやすさについてはこちらは良い意味で意外であった。
460CCモデルだと気持ちフック気味のモデルが多いがこのTW737 460はほぼストレートで気持ちオープン気味に感じられるくらいだ。
ヘッド形状も体積のわりに整っており、気持ちヒールおりにボリュームのあるヘッドは捕まり過ぎない印象をあたえる。
これだけ大きなモデルにしてはかなり形状はまとまっており好感が持てた。


○打感

 打感については思いのほか弾き感はなくおとなしめであるが微妙な打感である。
初心者向きのような弾き感のあるタイプかと思いきやそんなこともなく、かといって上級モデルのようなしっとりしたマイルド感があるかと言えばそうでもない、実に表現しにくい打感である。
一言で言えば、ボワンとしたぼやけたような打感で硬くも柔らかくもなく低スピンドライバーにありがちなあまり撓み感のない打感である。
正直、嫌な感じはないが爽快感や上質感はないので打っていて楽しい感じにはならなかった。

○総括

 飛距離重視の中級ハードヒッター向けドライバー的存在。
まず初心者向けドライバーと思うと痛い目にあうような感じはある。
ミスヒットに対して難しくはないがそれほど大きな寛容性はないように感じたし球も上がりやすくないのでそれが力みにつながりミスを誘発する可能性もある。
スイートスポット自体はそれ程狭く感じなかったのでスピン量の多いハードヒッターが力任せに飛ばすにはあっているかもしれない。
でもこの体積のハードヒッター向きのドライバーを求めているゴルファーもあまり多くはなさそうなのでターゲットはかなり限定的なような気もする。


採点
 
飛距離B 方向性B やさしさB 構えやすさA 打感C

弾道  ストレート

総合点  75点



ホンマ  BeZeal525 ビジール525 アイアン

IMG_0147.jpg

ホンマ BeZeal525 ビジール525アイアンについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 7I   シャフト NSPRO950GH(S)

○方向性、やさしさ

 方向性についてはやさしく捕まる印象でオートマチックにストレートドローがでるといった感じである。
アベレージ向けモデルではあるが対象ユーザーのものにしては極端な挙動はなく自然な範囲内で捕まりやすい。
フッカーでなければほとんど気にならないレベルの捕まり具合である。
直進性も優秀で球の安定感はすごくあり同じ弾道が再現しやすいのが印象的だった。
やさしさについても同様にイージーである。
イージーといっても闇雲にスイートスポットが広いという感じではなく打ちやすくかつミスにも強いというバランスのとれた扱いやすい寛容性という印象である。

○構えやすさ
IMG_0148.jpg

 構えやすさであるがパッと見にグースネックなので中上級者だと気になるかもしれない。
ヘッドも大きめでグースも利いていてアベレージモデルらしい見た目で初心者には安心感が持てるだろう。
グースの入ってる分捕まりそうなイメージがわきやすい、実際捕まりやすいが見た目ほどではなくナチュラルな範囲である。
ヘッドも大きく、トップブレードも厚いのでややもったりした感じでTWシリーズよりアベレージ層を意識した見た目になっている。

○打感

 打感であるがアベレージモデルらしいライトな感じの打感である。
柔らかく弾き感のある打感で薄い板がたわんではじき返すような打感である。
アスリートモデルのような重厚感や上質な球もちと柔らかさとは違うもののチープさや嫌な感じはなく爽快感のある印象。
力まずともウッドのように当てれば勝手にはじき返してくれるような打感で楽ちんな印象である。

○操作性

 グースのある分、オートマチックに捕まりまたイメージもわきにくいので操作性はおまけ程度に考えた方がいいだろう。
直進性が結構あるので基本的に曲げにくい印象だし曲がり幅も小さい、グースがあるためにとりわけフェードにイメージがわきにくく実際やや強めに逃がす動きがないと出にくいので基本直進性のあるドロー系でオートマチックにシンプルにゴルフするべしといった印象を受ける。

○総括

 最近のホンマのクラブらしいバランスのとれたやさしいアイアンである。
ツアーワールドシリーズに比べるとやや質感や感性に訴える部分は劣るもののアベレージモデルの中ではバランスのとれた扱いやすいクラブに仕上がっている。
アベレージモデルはやさしさを追求するあまり癖のあるクラブになってしまっているものもあるがこのビジール525アイアンはバランスの取れた正攻法のやさしいアイアンであるように感じた。
やさしく捕まり、やさしく飛ぶそれでいて極端な味付けになっていないので初心者でなくても使っていける懐の深さも持ち得ているに思った。
ホンマファンはもちろんだが癖のないやさしいアイアンを探してる方には試してみる価値ありである。


採点

方向性A やさしさA 構えやすさC 打感B 操作性C

弾道  ややドロー

総合点  75点




プロフィール

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5