タイトリスト 915F フェアウェイウッド

IMG_0145.jpg

タイトリスト 915F フェアウェイウッドについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 5W18°   シャフト 純正カーボン タイトリストスピーダー(S)

○飛距離

 飛距離性能について優秀である。
中弾道の伸びのある球が印象的で最近の低スピン系のフェアウェイウッドに多い系統の弾道である。
球の上がりにくさはないものの、それほど高さは出ない印象で見た目はそれほど飛んでいる感じはしないが着弾点を見ると結構飛んでいるしポトりと落ちる感じではないのでランもある。
昔のフェアウェイウッドのように高さがない分印象的にはすごさは感じないが実際の飛距離は明らかに飛んでいる。
感覚よりも実距離優先のような飛距離性能である。

○方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合は中庸的で打ったなりの球が出るように感じた。
打つまではもう少しオートマチックに捕まる感じなのかと思っていたがそれほどでもなくニュートラル、ちょうどドライバーで915D2と915D3の中間的な味付けのなっておりどちらのユーザーが使ってもそれなりに違和感なく使える仕上がりである。
直進性も最近のタイトリストらしく優秀、アベレージモデルと大きな差は感じない安定感である。
やさしさについても同様で見た目よりもやさしく、よほどのミスをしない限りそこそこ飛んでくれるし曲がりを気にする必要もない。

○構えやすさ
IMG_0146.jpg

 ストレートなフェースアングルで構えやすい、915Dシリーズを使っているユーザーはオープンフェースに慣れているためやや捕まる印象をいだくかもしれないが平均すればこれぐらいがどストレートなアングルになるように思う。
ヘッドはタイトリストにしては大きめのミッドサイズで見た目は915D2ユーザーよりの仕上がりになっているように感じた。
見た目と実際の弾道が違和感なくシンクロしているので構えやすく打ちやすいように思った。

○打感

 打感について少し残念な印象であった。
タイトリストということもありしっとりとしたアスリート向けのウッドの打感を想像していたがそうではなかった。
弾き感が強めでやや硬さを感じる打感、あまり柔らかさや球持ちは感じれない中途半端な打感という印象。
硬さも嫌になるようなレベルではないがたくさん打ちたくなるような打感ではないように思った。
ドライバーもモデルチェンジごとにやや弾き感が気になってきてはいるがこの915Fはタイトリストらしからぬ打感と言える。

○総括

 見た目にこだわるゴルファーでイージーで飛ぶフェアウェイウッドを探しているゴルファーにおすすめ。
タイトリストブランドなので露骨にぶっ飛びフェウェイウッドである感じはしないな中身はそれに近いタイプにフェアウェイウッドであるように感じた。
オールドスタイルでしっかり高さが出て安定したキャリーでグリーンに止めるといような感じではない。
タイトリストにこだわるゴルファーなら飛距離よりも質感や感性にこだわって使っているゴルファーも多いはずだから性能は申し分ないのだがそういった数字に表れない部分も重要視してほしいように思う。
もちろん製品自体はイージーに飛んでくれて癖も少ないよいフェアウェイウッドではある。

採点

飛距離A 方向性A やさしさB 構えやすさA 打感C

弾道  ややドロー

総合点  85点





スポンサーサイト

タイトリスト 816H1 ユーティリティー

IMG_1138.jpg

タイトリスト 816H1 ユーティリティについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 23°   シャフト タイトリストMCI70(S)

○飛距離

 タイトリストのユーティリティーとしてはハードさは全くなく楽に打ってそこそこ安定して飛んでくれる印象。
低スピン系のぶっ飛ぶ感じではなくオーソドックに扱いやすい飛距離性能で中の上という感じであった。
最近のユーティリティーにしては球が上がりやすくハードヒッターだと上がりすぎるかなと思われる、効率良く飛ばせそうそうなのはHSが平均かそれ以下の方がキャリーもしっかりだせグリーンを不安なく狙って飛ばしていけるかなと思われる。
低スピン系だとランが計算しずらくグリーンオーバーの心配が出てしまうがこの816H1はしっかり高さが出るのでかなり扱いやすいように感じた。

○方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合はやや良いかなという印象、ストレートを意識して軽いドローからドロー、フッカー以外なら違和感なく捕まりの良い球が打てる、一方フッカーだと捕まらない設定にしてちょうどいい塩梅であるように感じた。
基本、イージーに捕まって上がって飛ぶというアベレージ向けの味付けになっているようだ。
直進性は良い部類であるのは間違いない、ヘッドも大きく慣性モーメントも大きいのだろう何も意識しなくても捕まりの良いストレートドローが安定して打てる。
やさしさについてもイージーでアベレージモデルとそん色ないレベル、タイトリストだからと特別警戒する必要はまったくない、なんちゃってアスリートモデルのレベルと思って良いだろう。

○構えやすさ
IMG_1139.jpg

 ヘッドも大きめでフェースアングルもストレートでユーティリティーとしてはかなり構えやすい印象。
どちらかと言えばウッドっぽく払い打つ方よりはアイアンっぽく打ち込みたい方の方がしっくりくるしマッチしそうに思える。
タイトリストらしくヘッド形状も比較的オーソドックスにまとまっているしこの手のクラブとしてはかなり整っていると言える。

○打感

 いわゆるユーティリティーにありがちなキンキンした金属的な弾き感は思っていたほどではなく、弾き感はありつつタイトリストらしい手ごたえもそれなりには感じれユーティリティーとしてはまずまずの打感であるように思われる。
もちろん弾き感はあるが嫌な硬質感やチープさはないので打っていて嫌になるようなものではないし、それなりに球持ちもあるのでどこへ飛んでいくかわからないような感覚もあまりなく扱いやすい。

○総括

 そこそこ捕まりが良くてやさしいユーティリティーを探している方にオススメできるクラブである。
タイトリストらしく癖がなくバランスのとれたユーティリティーである。
捕まりが良く球も良く上がるのでフッカー、ハードヒッターは若干使いにくいかもしれないがその他多くのゴルファーはやさしく飛距離の稼げるお助けクラブになってくれそうである。
形状、挙動ともに癖がなく初心者から上級者まで扱いやすいしタイトリストブランドなので所有感も上々である。

採点

飛距離B 方向性A やさしさA 構えやすさA 打感B

弾道  ややドロー

総合点  90点


 




タイトリスト 915D3 ドライバー

IMG_0860.jpg

タイトリスト 915D3 ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 9.5°  シャフト グラファイトデザイン ツアーAD MJ7(S)

〇飛距離

 飛距離性能については915D2同様に高い性能を誇っているように思う。
とりわけ好印象だったのは前作913シリーズだとハードヒッターでないと球が上がりにくく、せっかくの飛距離性能を生かし切れないような印象であったが今作915シリーズはその点に明らかな変化を感じた。
もちろん915D2に比べるとやや抑え気味の弾道だがHS43程度でもそれほど叩かなくても十分に高く上がってくれるし、飛んでくれる。
前作ではたまにドロップするような事もあったがそれが全くと言っていいほどなかった。
ハードヒッター用という感じがなくなりある程度技量があればHSを気にせず飛ばせるドライバーになったように思う。
もちろんハードヒッターが打っても吹けることはないので低スピンながら十分な打ち出し角を確保しているというような感じであった。

〇方向性、やさしさ

方向性について捕まり具合はニュートラル、915D2と比べると控えめだが打ったなりの弾道が出る印象。
どちらかといえば捕まりを抑えたタイプにはなるのだろうが叩かなければ捕まらないほどでなく返りすぎない程度に思えた。
直進性もこのジャンル、体積のドライバーとしては上々でかつてのタイトの本格プロモデルのシビアなイメージはなく、むしろ曲がりを抑えつつ操作性も程よく残しているといった感じである。
やさしさについても前作までに比べるとかなり進化したように感じた。
前作までだとミスヒットすると球が上がらなかったり飛距離のロスもそれなりであったのに対しよりD2に近い寛容性があるように感じた。
もともとD2は910あたりからかなり優しかったが以前までのモデルだろD3はやはりアスリートモデルである感じがすごくしてたものの、今作になってかなりやさしくなった印象である。
以前D3を打ってちょっとハードかなと思った方も915D3は試してみる価値はあるように私は感じた。

〇構えやすさ
IMG_0861 - コピー

 オープンフェースで締まったやや小ぶりな洋ナシ型のオーソドックスな形状、上級者はもちろんであるが多くのゴルファーは美しく構えやすいと感じるであろう形状である。
フェードヒッターだとやや逃げ顔が気になるが打ってみると意外に捕まるので慣れれば全く問題ないように思う。
ヘッドの座りも良く、ポンッとヘッドを置けば自然と正しいアドレスに導いてくれるような雰囲気がある。

〇打感
 
 915D3は非常に好印象であったが唯一打感だけは若干後退したかなというように感じた。
もちろん前作までがほぼ最上級の打感であったためにそう感じるであって十分良い打感であるのは違いない。
915D2もそうであったが溝の効果か寛容性や飛距離には良い影響が出ているが打感にはやや弾く感じが加わってしまたように思う。
以前までのパーシモンらしくなパシッという穏やかな打音と長い球持ちは少し薄れてしまいややオートマチックにボールが飛んでいく感じになってしまった。
このドライバー単体でとらえると良い打感だが910シリーズと比較するとアスリートモデルらしさは薄らいだように思う。

〇総括

 ある程度技量があれば多くのゴルファーが満足できるドライバーであるように思う。
見た目や飛距離性能、ブランド力をそのままに前作までの少しハードな印象はなくなり中級者以上なら使ってもいいような寛容性もまとったアスリート向けドライバーに進化してように感じた。
前作まではHSがないと性能がいかきれない感じがあったものの、今作ではそういった雰囲気はかなり薄らいである程度ミートできるゴルファーなら特にミスを気にせず使えるようになった印象である。
もともとドライバーの質としては良いものだっただけにやさしさも加わりネガティブな要素はほぼないドライバーである。

採点

飛距離A 方向性B やさしさB 構えやすさS 打感B

弾道  ストレート

総合点  90点





プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5