スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーラーメイド 初代Vスチール MAS2TOUR(S)

vsteel1.jpg

初代Vスチールについて評価したいと思います。

○飛距離

 今のクラブと比べて特別飛ぶという感じではなく中の上といった感じです。
もともと飛距離より操作性などに重点を置いていたクラブだから当然かも知れませんが。
でも当時としては結構飛ぶクラブに入っていたことは想像に難くないです。

○方向性・やさしさ

 方向性については操作性を残しつつも直進性の高い強い弾道の球が出ます。
捕まりについてはシャフトの影響もありややフェード、引っかかりにくい挙動です。
やさしさについてはヘッドが小ぶりで難しそうな見た目とは違い、ヘッド形状と重心位置が絶妙なのか非常に芯に当たりやすくやさしい印象。
スイートスポット自体が広いというより芯の位置にヘッドが導いてくれるようなイメージです。


○構えやすさ

 名器といわれるだけあってストレートでヘッドの座りも良く非常にアドレスしやすい。
何も考えずにスッと構えられナイスショトを予感さしてくれるアドレスビューである。

○打感

 パシッと言う乾いた音とパーシモンライクな柔らかくしっかりした打感。
文句のつけようんがない打感で何球でも打ちたくなる打感である。

○シャフト

 純正MAS2TOURシャフトについて
標準の純正では軽すぎるので購入するならTOURをオススメしたい。
重量的には70g台相当でドライバーで60g台を使用しているプレイヤーには丁度いい。
元調子系でHS43の私では気持ちハードに感じるが球も十分あがりなにより精度が高いシャフトである。

○総括

 飛距離性能を除けば現存するFWの中ではほぼ最強と言えるだろう。
やさしさ・球の上り安さでは08Vスチールに気持ち劣るもののTOURシャフトの重量は08モデルより扱いやすい。
本物志向・中上級者なら08モデルより満足度は高いであろう。
4Wが設定であるのもFW1本体制のプレイヤーにはうれしいところである。

採点

飛距離B 方向性A やさしさB 構えやすさA 打感A 弾道 ややフェード 

総合点 90点

スポンサーサイト

ピン i20 FWフェアウェイウッド 3W TFC707F(S)

i20fw1.jpg

ピン i20フェアウェイウッドについて試打評価したいと思います。

○飛距離

 弾道的には中弾道低スピンでそんなに球が上りやすいタイプではありません。
ハードヒッター向け要素が強く平均的なHSのゴルファーにはやや球が上りにくいかもしれません。
低スピン系の弾道ですがある程度叩ける体力がないと本来の飛距離は出なさそうで自力で持っていかないとだめなタイプです。
HS43の私では飛距離は普通くらい、飛距離的な優位さは感じませんでした。
それ以下の方だとドロップして飛ばなさそうな雰囲気がありました。
ハードヒッターが使ってはじめて本来の性能を引き出せるようなFWです。

○方向性・やさしさ

 方向性については上級者向けモデルとしてはかなり直進性はあるほうだと感じました。
捕まり具合もストレート~ややフェードといった感じで癖がなく意識せずに打つとストレートボールが出やすいクラブです。
やさしさについてはやさしくも難しくもない平均的な印象、ただ明らかにG20よりは難しいです。

○構えやすさ
i20fw2.jpg

 アドレスした感じ結構強めのオープンフェースです。
オープンめが好きな私でも第一印象は開いてるなーと一目見て強く感じるほどでした。
いかにも右に打ち出しそうなのでフェードヒッターは不安感が出ると思います。
ドローヒッター限定といった感じのフェースの向きをしています。

○打感

 弾道やクラブのイメージとは違いキンッと言う軽い金属音とともに少し弾き感のある打感でした。
悪い打感ではないですがパシッという感じで球持ちのいい柔らかい打感をイメージしていたので拍子抜けというか見た目や弾道との差に少し違和感を感じました。

○シャフト

 純正TFC707Fについてはドライバーの時ほど硬質感は感じませんでした。
もちろんアメリカンテイストなシャフトなので撓り感はあまりありませんでしたがFW用としては撓り過ぎない方が安心感もありマッチングもいいからそう感じたのかもしれません。

○総括

 HS45以上の方対象でドローヒッター向きのFWと言えるでしょう。
まず弾道的に常に安定して飛距離を出すためにはそれなりのHSが必要でしょうしフェースの向きからも普通に構えてボールを左に打ち出すのは難しそうですし、いかにも右に打ち出してくださいと言わんばかりの見た目です。
値段を考えるとターゲット層には非常に良いクラブですが誰もが簡単に打ちやすいクラブではないでしょう。

採点

飛距離C 方向性A やさしさB 構えやすさB 打感C 

弾道 ややフェード 

総合点 70点




ピン i20アイアン 純正スチールCFS(S) 

i20iron1.jpg

ピンのi20アイアンについて試打評価したいと思います。

○方向性・やさしさ

 方向性については見た目ほど捕まりの良さはなく、ニュートラルな挙動でフェードもドローもどちらも打ちやすい印象で基本直線的にゴルフがしやすそうに感じました。
やさしさについて言えばアベレージ向けモデルより気持ち打点のズレに反応するかなと言う点でこの点も操作性を残すためにはいたしかたない点で難しいというものではないでしょう。
G20と軟鉄モデルの間くらいのレベルのモデルと言った感じです。
G20がグースがきつくて嫌だという人にはうってつけかもしれません。

○構えやすさ
i20iron2.jpg

 セミグースで安心感を持って構えやすいですがトップブレードが厚いためか、捕まるイメージが非常にわいてくる見た目です。
フェードヒッターの方が構えやすい感じがします。実際の挙動は見た目ほど捕まりません。

○打感

 ステンレスモデルですがチューニングポート効果が打感は非常によく軟鉄のポケットキャビティーモデルに肉薄するか、物によってはそれより良い打感です。
柔らかくかつ打球感も伝わりステンレスモデルの硬さはほとんど感じられません。
以前のモデルよりピンのチューニングポートを搭載したモデルは打感がよく軟鉄でなくてもここまでの打感が出せるのかと感心させられていました。
そういう意味ピンはリーズナブルかつ上質なクラブを作るのが本当に上手いメーカーだなと思います。

○操作性

 このモデルの売りはここではないでしょうか。捕まり具合が中間的でオールターゲット向きなのもありどちらが打ちやすい打ちにくいということがありません。
スイングなりに球が出ますし、その変化量も一般ゴルファーが必要とする必要最小限の曲がり具合で極端に曲がる事はありません。

○シャフト
i20iron3.jpg

 純正スチールCFSシャフトについて
簡単に言えばNS950とDGとの中間層向けのシャフトで若年層の日本人ゴルファーには最適なシャフトです。
重量的にもNS950ほど軽さも感じずシャフトの挙動も走る感じがありません。
DGほど重厚で粘る感じはないですが逆に球も上がりやすく癖がない誰もが違和感なく振れる挙動です。


○総括

 非常に癖がなく誰もがやさしくゴルフの出来るアイアンだと思いました。
ヘッドの見た目、挙動、シャフトの重量や動き全てに欠点らしい欠点がありませんでした。
コスト的にもピンらしく控えめでこれからゴルフを始めるかたやグースが強いのはいやだけどやさしいモデルがいいとう方にはオススメします。
欠点がなく飽きがこなく長く付き合っていけるモデルのように思います。

採点

方向性A やさしさB 構えやすさB 打感B 操作性A 

弾道 ストレート 

総合点 85点





プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。