テーラーメイド グローレリザーブ ドライバー

glo1.jpg

テーラーメイド グローレリザーブドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト10.5° シャフト 純正シャフトGL450(R)

○飛距離

 絶対的な飛距離性能としては飛びますが長尺であること考えると中の上程度の飛距離性能であるように思います。
飛ぶクラブではありますが安定した飛距離を稼ぐとなるとミート率の観点から平均飛距離は思ったほどでないかもしれません。
あくまでローヘッドスピーダーがエンジョイゴルフで飛距離を稼ぎたい用クラブであるように思いました。

○方向性・やさしさ

 アベレージ向けモデルですが捕まりはそれほど良くはない印象でした。
基本的に直進性の強いモデルですがシャフトの影響かフック系よりもスライス系の球の球が出やすい感じで普通に打てばストレートからややフェードが良く出る感じでした。
ちょっとスライサーが使うには少しスライスを助長させてしまうような心配も抱きます。
やさしさについてはアベレージ向けモデルらしいやさしさを持っており、ミスヒットしてもそれほど距離・方向性とも影響は受けなさそうな印象。

○構えやすさ
glo2.jpg

 アベレージ向けモデルとしては構えやすい部類に入ると思います。
フェースの向きはややフックフェースでストレートではないですがそれほどきついフックフェースではないのとヘッドの挙動のせいで左で行きそうな心配はあまりないので構えにくさはそれほど感じませんでした。

○打感

 このモデルの難点はここであろうと思います。カーボン系の素材をフェースに使用しているため私的には違和感を感じました。フェースを見てしまった後だから余計かもしれませんが薄いゴムのような物がフェースについている感じがして仕方なく打っていて気持ち悪いものでした。
違和感を感じない方もおられるとは思いますが個人的にこの打感はNGでした。

○シャフト
glo3.jpg

 純正シャフトGL450について
フレックスが柔らかかったこともありヘッドが遅れ気味に当たっているような感じがするシャフトでした。
素直に手元から中間部がしなりタイミングが取りやすいのですがそのままあまり走らずにインパクトを迎えるような感じであまり先が走るような感触はありませんでした。
柔らかいけど暴れるような印象はなくその分捕まりはおとなしいシャフトに思います。

○総括

 ローヘッドスピーダーで打感はこだわらず飛距離を稼ぎたいゴルファー向きのドライバーだと思います。
長尺とヘッドの性能で飛距離は稼げると思いますがスコアに貢献してくるかは微妙なドライバーに感じました。
あとヘッドの挙動が穏やかなのでローヘッドスピーダーでもフッカー向きでスライサーには向いていないように感じそのあたりも最適なユーザーの幅は限定されてくるモデルのように思います。
あとは個人的に打感が受け付けませんでした、金属フェースとはやはり何か違い表面にウレタンのようなゴムが張り付いているような感触を感じずにはいられませんでした。
圧倒的に飛ぶならば別ですがそうでもないので個人的には選択肢には入らないドライバーです。

採点

飛距離B 方向性B やさしさA 構えやすさB 打感D 

弾道 ややフェード


総合点  70点



スポンサーサイト

SRI XXIO FORGED(ゼクシオフォージド)ドライバー

xxio1.jpg

SRI XXIO FORGED ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック ロフト10.5° シャフト 純正シャフト

○飛距離

 一見アベレージ向けドライバーであるが飛距離性能はHSを問わず飛びそうな質の高い飛び方でヘッドの持つ飛距離性能はかなり高そうである。
純正シャフトが軽く柔らかいためHSを上げると暴れて最大飛距離は出しにくいものの軽く振っただけでも十分な飛距離が出ていた。
飛び方もアベレージ向けドライバーのように高く舞い上がる感じではなく高さもありながら前へ強く飛んで行く弾道でヘッドの弾きも抜群でいかにも飛んでいそうな球がでる。

○方向性・やさしさ

 方向性についてはフェース角とヘッドの挙動により捕まりがよくフック系の弾道になりやすい、しかしもの凄く捕まるわけではなく制御できる範囲である。
ちょいスライサーが使うと捕まったストレートが出そうな捕まり具合である。
やさしさについてはノーマルのゼクシオと同等程度であろうと思われミスに非常に強い印象であった。

○構えやすさ
xxio2.jpg

ノーマルのゼクシオより気持ち弱い感じはするがフックフェースであるためフッカーにはアドレスしずらい。
球が左に飛び出しそうな感じがするし見た目ほどではないが実際出球が左に出やすい、捕まったフェードか真っ直ぐ行ってフックする球を好むプレイヤーには相性が良さそうである。
ドローを打とうとするとかなりインから降ろしてくるイメージでないと右に打ち出せないしダグフックっぽい球が出やすく実践向きではない。

○打感

 モデルイメージとは裏腹に打感は極めてすばらしい。
打球音は独特で好みが分かれるが打感は柔らかいながらも球を良く弾き、打った感触も良くプレイヤーに伝えてくれる爽快な打感である。
打ってみると高級な品であることがすぐにわかるような上質な打感でもある。

○シャフトについて
xxio3.jpg

純正シャフト MX-4000について

 軽量でしなやかなシャフトで振りやすいが対象HSは42以下向けであるように思われる。
全体的にしなるタイプでタイミングはとりやすく、しなったらそのまま素直にしなり戻ってくる先にも少し走り感があり球を捕まえてくれる感じがする。
打った感じではHS38ぐらいのプレイヤーが打つと効率よく飛び振りやすそうである。

総括

 HS36~40くらいのスライサー・フェードヒッターに非常にオススメである。 
ヘッド自体のポテンシャルは高いもののシャフトが軟いためノーマルスペックでは対象ユーザーが限られてしまう。
逆を言えばヘッドを生かしてカスタムシャフトを挿せばやさしく飛ばせるドライバーに化ける可能性があるように思われる。
もちろんノーマルスペックでも対象HS内なら上質なドライバーとして使う事に全く問題ない出来栄えである。

採点

飛距離A 方向性B やさしさA 構えやすさC 打感A 

弾道 ドロー

総合点  85点



キャロウェイ LEGACY(レガシー)ドライバー 2012

leg1.jpg

キャロウェイ レガシードライバー2012について試打評価したいと思います。

試打スペック ロフト9.5度 シャフト 純正シャフトHM60(S)

○飛距離

 歴代レガシー譲りの弾きの良さと飛距離性能で球も上りやすく、とりわけHS45以下の方が打つと効率良く飛んでいきそうな弾道である。
ハイヘッドスピーダーだと吹けてしまいそうだしヘッドも重くないので当たり負けしてしまいそうな印象がある。
大多数のゴルファーが飛ぶと感じることが出来るドライバーであるように思う、反面強くインパクトしてもあまり飛距離には還元されない雰囲気もあり楽に振っていくスインガータイプに相性が良さそうである。

○方向性・やさしさ

 方向性についてはヘッド自体はなかなか捕まりが良く普通に打てば軽くドローしてくる、直進性も悪くなく大きく曲がるようなことはあまりなさそうである。
やさしさについても寛容で大ミスしなければ飛距離を損なうことはあまりなさそうである。
ただ形状をオーソドックスにまとめているためいわゆるためか巷にある高慣性モーメントドライバーほどの直進性は感じなかった。

○構えやすさ
leg2.jpg

 歴代レガシーの良い点でもあるがアベレージ向けモデルだがフェースの向きはストレートで初心者から上級者まで違和感なく使える形状である。
アベレージ向けのドライバーはフックフェイスのものが多いがスイングもアドレスも複雑にしてしまうのでレガシーのようなフェースアングルのドライバーを初心者から使ったほうがいいと個人的には思います。
フェースはストレートですが捕まりは悪くないのでスライサーでも右に逃げるイメージはわきにくいと思います。

○打感

 さすがに一流の鍛造技術で作られているだけあって柔らかく且つ良く球を弾いてくれる感触の良い打感である。
ローヘッドスピーダーだとアスリートモデルの打感の良いものだと少し硬く感じてしまう方もおられると思いますがこのレガシーはむしろローヘッドスピーダーの方が打感の良さを感じれそうな雰囲気の打感であります。

○シャフト
leg3.jpg

 純正HM60シャフトについて

今までのキャロウェイの純正シャフトだと柔らかくて方向性が安定しまいイメージであったがこのモデルでは2種類シャフトを用意してきているようである。
今回試打したHM60シャフトはHSがやや早めの方を対象にしたシャフトのようでHS43の私だと以前までの純正シャフトのような軟さはなくやや軽さはあるものの問題なく使用できるレベルのしっかり感はありました。
HS40以上ならこのHM60シャフトをチョイスしたほうがいいように思います。
ただしっかりしたと言ってもHS45以上だときつそうなのでハードヒッターはカスタムシャフトをチョイスされた方が良さそうである。

○総括

 HS40前半のややスライサーかフェードヒッターの方向きのドライバーに思えます。
フェースはストレートフェースですがヘッドの挙動は返りやすい印象なのでフッカーだとチーピンが出そうな感じがします。
比較的フェースターンの少ない打ち方の方が相性も良く飛距離も出ると思われます。
シャフトも先がそれほど硬くないのでヘッドを走らせるような打ち方では撓り戻りすぎる恐れもありそのあたりもドローヒッターには不安感が出てくるかと思います。
逆にスライサーやフェードヒッターならヘッドの性能を十分に発揮して飛距離を出せそうなポテンシャルを持っています。
実際、ドローではあまりキャリーがでなくドロップ気味で飛びませんでした。

採点

飛距離B 方向性B やさしさA 構えやすさA 打感B 

弾道 ややドロー


総合点 85点



プロフィール

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5