ツアーステージX-DRIVE709D450ドライバー(Xドライブ709)

xdrive709d4501.jpg

ツアーステージ X-DRIVE709D450(Xドライブ709)ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 9.5°Nポジション  シャフト ツアーAD GT6(S)


○飛距離

 X-DRIVE709D430同様に飛距離性能はトップクラスと言えるだろう。
また低スピン弾道ながらR1ほど極端な低スピンには感じなかったのでそれほどハードヒッターでなくても十分この飛距離性能を体感できるだろう。
飛び方もD430より少し球が上りやすいくらいで同じような棒球で強くてなかなか落ちてこない球が打てる。
R1などはHSが早くないと性能を生かしきれない感じがしたがX-DRIVE709はオールユーザーが飛ばせるポテンシャルを持っている点で個人的にはR1より優れているように思う。

○方向性・やさしさ

 方向性についてD430よりは少し捕まる感じでストレート~ややドローが出やすい捕まり具合である。
直進性についてはD430よりはもちろん良いがG25や913D2のようにアベレージモデルに近いアスリートモデルに比べるとやや曲がりやすく操作性を残している感じがした。
やさしさについてもやさしめアスリートモデルの平均的な寛容度といった感じでアベレージモデルよりはミスに対して反応する。
といってもバリバリのアスリートモデルに比べるとやさしい印象なので中級者以上なら身構えるほど難しくはないだろう。

○構えやすさ
xdrive709d4502.jpg

 ほぼストレートでほんの気持ちだけフックな感じの見た目でD430と比べても少しだけフックフェイスな感じがした。
フェイスの向きは捕まり感があるもののヘッドの挙動は穏やかなのでフッカーでも全く構えて嫌な感じはしなかったしフェードヒッターも捕まったフェードをイメージしやすいだろう。
ヘッド体積もD430よりは大きめで中級者レベルであるならこれくらいの方が丁度良い大きさである。

○打感

 打感についてはD430とほぼ打った感じは同じである。
某有名製作所製とおぼしき打感で手ごたえがありながら柔らかく且つ709についていえばそれに弾き感が加わった感じである。
気のせいかD430より少しだけ弾き感があるように感じたがモデルイメージの擦りこみで感じただけか目を閉じて打てば間違えてしまうほどの微妙な差でしかない。

○総括

 ある程度ボールが捕まえられる中級者以上ならトップレベルの飛距離性能のドライバーである。
打った感じそれほど捕まるドライバーではないのである程度ボールが捕まえられるゴルファーが対象になってくると思われるが極端にミスヒットしなければ国内メーカーでは一番飛ぶと言っても過言ではないだろう。
R1ドライバーなど極端な低スピンで一発のバカ飛びがあるものよりは最長飛距離は劣るかもしれないが扱いやすさや平均飛距離でいえばそれらを凌駕しているように私は感じた。
ミスの寛容度で私は現在913D2を使用し飛距離にも納得していたのだが正直それより飛んでいたので欲しくなってしまったドライバーである。

採点

飛距離A 方向性B やさしさB 構えやすさB 打感A 

弾道  ストレート


総合点  85点




スポンサーサイト

キャロウェイ LEGACYレガシーアイアン(2012)

legacyiron20121.jpg

キャロウェイ NewLEGACYニューレガシーアイアン2012について試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 7I  シャフト GS95(S200)


○方向性・やさしさ

 方向性について捕まりはやや捕まる感じで軽いドローボールが簡単に打ちやすい印象で直進性もアベレージモデル並にあり基本的に曲がりにくいモデルである。
やさしさについても軟鉄系のモデルとしては最もやさしい部類に入りステンレスモデルは硬い感じがして嫌だが難しいのも嫌だというゴルファーには丁度良いアベレージ向けのやさしいアイアンである。

○構えやすさ
legacyiron20122.jpg

 ネック形状はセミグースの部類に入るが強めのセミグースである。
フェースも面長でキャロウェイのやさしめのモデルらしい顔をしている。
グースは軟鉄モデルのわりには強めだがトップブレードは厚すぎずもったりした感じはなくほどほどにシャープさもありそれほど構えにくくはない。
やさしさを残しつつもオーソドックスに見せるように要所は押さえて構えにくさを払拭している感じだ。

○打感

 軟鉄モデルながらフェース素材は反発素材を使っているため、いわゆる軟鉄アイアンの打感とは異なるものの、柔らかい弾き感であるため平均的なステンレスモデルよりは良い打感である。
ボディーが軟鉄であるためか球持ちも悪くなくそれなりに軟鉄らしさも垣間見えるしフェース素材も硬質感はなくミスに対する許容度も上げているので少し助けてくれるような弾き感は致し方ないところだろう。
純粋な軟鉄アイアンではないがステンレスモデルから移行するのに十分値するだけの打感ではある。

○操作性

 基本的に操作していくようなアイアンではないのでそれほど操作性は期待しない方がいいだろう。
グースが強いためドロー系の弾道は加減がしやすいがフェード系の球はかなり逃がしたうち方をしないと出にくい。
フェードを打とうとすると左に真っ直ぐ行ってしまう危険性が高い、反面それとは逆にインからあおってもそれほど大きくフックしないのは直進性がセーフティーネットになってくれている感じがする。

○総括

 ステンレスモデルの打感では物足りなくなった初心者~中級者向きアイアンである。
基本的にミスに強く直進性が強いためやさしくゴルフしたい方には全般的にオススメできる。
捕まりもほどほどなのでフッカーもスライサーも問題なく使っていけるだろう。
またストロングロフトなので距離が出ないゴルファーにも容易に距離を補足してくれる点はメリットだろう。
前作にあたる?レガシーブラックアイアンや歴代レガシーアイアンに比べるとややアベレージモデルよりにシフトしたように私には映った。


採点

方向性A やさしさA 構えやすさB 打感B 操作性C

弾道  ややドロー

総合点  80点







ツアーステージ X-DRIVE709D430ドライバー(Xドライブ709)

xdrive709d4301.jpg

ツアーステージ X-DRIVE709(Xドライブ709)D430ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 9.5°Nポジション  シャフト 三菱レイヨンディアマナB60(S)


○飛距離

 最近のX-DRIVEシリーズは飛距離性能に定評があったがどうやら709シリーズも同様と言えそうである。
モデル的に709でもハードヒッター用の位置づけだと思うが平均的なHSでも十分のその飛距離性能は味わえそうだ。
ある程度自力で持っていかないといけないかと思いきやヘッドがそれなりに仕事をして弾いてくれるので力いっぱい振らなくても飛距離がでる。
弾道的には私のHS43では中弾道であるが低スピン弾道のためなかなかの強弾道でかつ滞空時間もながくキャリーとラン両方で距離を稼げそうである。
R1ドライバーほど強烈に低スピンな感じではないのでバカ飛びはしないが安定して飛距離を伸ばせそうな低スピン感である。

○方向性・やさしさ

 方向性についてシャフトの影響かもしれないが捕まりはかなり控えめな印象である。
普通に打てばややフェード~フェードといった感じでドロー気味に打ってストレートが出る感じであった。
逆にチーピンはよほど極端にインからあおらないと出そうにない、強めにインから降りてもドローで止まるぐらいの捕まり具合である。
直進性も上級者モデルらしくほどほどで曲がりやすいとは言わないが曲げていく事を想定して作られたドライバーのように感じた。
感じ的にはフェードヒッターよりドローヒッターがチーピンを気にせず叩いていくタイプのドライバーである。
やさしさについても極端に難しいとまではいわないがミスした際、距離はそれほどでもないが方向には結構影響が出そうである。
この点は操作性が良いためにヘッド軌道に少しピーキーに反応しているためだろう、スイートスポット自体が極端に狭い印象はなかった。

○構えやすさ
xdrive709d4302.jpg

 さすが上級モデルといった感じの締まりのある小ぶりなヘッドにストレートなフェースアングルである。
フェースとクラウンの境目のラインが少し弧を描いているので若干どこを向いているのかぼやけてしまうがその効果か少し捕まり感のある印象を受ける。
実際の弾道は見た目よりも少し捕まりが大人しい感じがした。
アスリートモデルらしいよくまとまったヘッド形状である。

○打感

 某製作所で作っているのであろうか国内メーカーのアスリート用鍛造モデルでよく打ったことのある打感である。
ナブラブラック、インプレスなどとほぼ同じような打感である。
若干それらよりも柔らかく弾いてくれる感じがプラスされているような感じはあるがニアイコールである。
表現すれば柔らかく球持ちが良くなおかつ打球感、手ごたえがよく伝わるしっかりした打感である。


○総括

 ある程度スイングが安定した上級ドローヒッターが距離を稼げるドライバーである。
スイング軌道の乱れにはそれほど寛容ではないため使うのは上級者になってからのほうがいいだろう。
中級者以下は同Xドライブ709のD450をチョイスした方がいいだろう。
ヘッドの飛距離性能自体は秀逸なので芯にさえ当てさえすればそれほどHSがなくてもかなり飛距離がでるだろう。
操作性重視なため致し方ないがもう少しミスに寛容であれば多くのユーザーに使ってもらえるだろうに残念である。


採点

飛距離A 方向性C やさしさC 構えやすさA 打感A

弾道  ややフェード

総合点  80点






プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5