ツアーステージ X-FW(2013)

xfw1.jpg

ツアーステージ X-FW(2013)について試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 5W18°  シャフト  純正ツアーAD B13-01W(S)

○飛距離

 流行のぶっ飛びFWの一角であるX-FWであるがRBZやX HOTと比べると国内メーカーらしくバランスのとれた飛び方をする印象である。
RBZのように低スピンすぎず、X HOTほど強烈には弾かない感じで丁度その中間的な飛び方で飛距離性能は上記2モデルと遜色ない印象である。
低スピン過ぎないので球も必要十分な高さに上るしグリーンを狙うにも問題なさそうであるし弾き感も強めであるが上質でコントロールしていきやすい印象である。
敷居の低さで言えばX HOTのほうがやさしい飛距離性能であるがある程度腕前があるゴルファーならX-FWの方が使っていて怖さがなく扱いやすいのではないだろうか。

○方向性・やさしさ

 方向性については捕まり具合はニュートラルで癖がなく打ったなりの弾道で飛んでいく感じである。
直進性はほどほどでそれほど強くない印象、曲がり易いわけではないが真っ直ぐ飛ばすというより持ち球を生かしたり操作性していくタイプであるように感じた。
この点はRBZやX HOTとは明らかに違いを感じたところである。
やさしさにX HOTのようにどこにあたっても影響をあまり受けないほどやさしくはない印象、本気のアスリートモデルよりはやさしいかなと言う程度でやさしい部類には入らないFWに思えた。

○構えやすさ
xfw2.jpg

 ストレートなフェース角でヘッドの大きさも程よく非常に構えやすい。
ヘッドの挙動と絡めて上級者がいろんな弾道をイメージしていきやすいであろう見た目である。
ヘッド形状の整い方からも結果志向の海外ぶっ飛びFWとは一味違う雰囲気をかもし出している。

○打感

 いかにも飛んでいそうな弾き感はあるもののしっかりした打球感と球が食いつく感触があり球持ちは意外に悪くないのでどこに飛んでいくかわかないような感じはない。
オートマチックに勝手に飛んで行く感じが少ない分上級者は不安なく打っていきやすい打感ではないだろうか。

○純正シャフト
xfw3.jpg

 純正ツアーAD B13-01Wについて
アスリートを対象にしたモデルだけあって純正シャフトでもしっかりしたコシと粘りがあるシャフトである。
HS45以下なら問題なく純正シャフトをチョイスした方が失敗なく使えてよさそうだ。
シャフト重量は60gとやや軽そうだがヘッド重量が重いのでクラブとしての総重量は軽くないので打っていて軽さを感じることはなかった。
シャフトも癖のない中調子といった感じで先のほうはしっかりめで走る感じはあまりなく扱いやすいし、中から手元にかけて程よくしなるのでタイミングも取りやすかった。
特別言及するほどの点はないが逆にFW用としてはそれが利点であるように思えるシャフトである。

○総括

 ぶっ飛び系FWでもある程度操作していきたいゴルファー向けのモデルである。
飛距離性能はほぼ互角であるがRBZ、X HOTとは別ジャンルと少々色合いが異なる。
他の2クラブが飛距離性能を追求してとにかく飛ぶクラブを作ってきのに対しXーFWは従来のFWの機能はそのままにフェース素材工夫して飛距離性能を加えてきた感じである。
結果として出た結果の飛距離は同じであるがプロセスの違いを感じさせられた。
なのでRBZやX HOTを打った時は今まで打ったことのない特殊なクラブを打っているような衝撃を受けたがX-FWに関して打った感想は普通にいいクラブであるという印象であった。
イージーさでX HOTを選ぶか、トータルバランスでX-FWかゴルファーによって評価は分かれるだろう。

採点

飛距離S 方向性B やさしさC 構えやすさA 打感A

弾道  ストレート

総合点  90点
 



カムイ(KAMUI) TP07Sドライバー

kamuitp07s1.jpg

カムイ(KAMUI) TP07Sドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 10°46インチ  シャフト 純正シャフト(S)

○飛距離

 噂では飛ぶというカムイTP07Sドライバーであるが実際の飛距離性能は噂ほどではないかもしれないが確かに間違いなく飛ぶドライバーであった。
大手メーカーのドライバーと比べて圧倒的に飛ぶかといわれると微妙であるが大手メーカーのトップクラスの飛距離のクラブと比較して遜色ないかやや超えているかという感じである。
弾きで飛ばす感じもありながらロースピンで棒球が出易い、ローヘッドスピーダーが打つと明らかにドロップしそうな気配であまり飛ばないかもしれない、逆にハードヒッターならR1ドライバー同様どこまでも飛んでいきそうな気配があり最長飛距離が出せそうである。
残念ながら当方HS43のためクラブのポテンシャルを生かしきれなかったため市販のクラブと大きな差は出なかったがハードヒッターならその違いが大きく出てくるのかもしれない。

○方向性・やさしさ

 方向性についてヘッド自体の捕まり具合はニュートラルな印象であるが純正シャフトがやや走り感がある影響か軽いドロー系のボールが出易かった。
直進性はまずまずで海外ブランドのドライバーのように大きな慣性モーメントはなさそうであるが国内メーカーのセミアスリートモデルと同等程度のほどよい直進性は兼ねそろえていて曲がり易い印象はない。
やさしさについては正直あまりやさしいドライバーではない印象である。
明らかに難しいという感じではないがミスすれば相応に距離をロスするし中級者でも実戦で使ってどうか微妙なところでミスの寛容性を考えるといくら飛距離性能が高いとはいえ常に芯を食えるような上級者が使って初めてメリットがありそうな感じがする。

○構えやすさ
kamuitp07s2.jpg

 気持ち捕まり感のあるストレートフェースでヘッドも460ccにしては小ぶりに見えて締まりのあるシャープな形状である。
ヘッドの座りも良く構えやすい上、ヘッドの形状も整っているので構えてみるといかにも上等なドライバーである雰囲気が伝わってくる。
真っ直ぐズドンというより上級者が持ち球を打っていったり操作していきやすそうな印象を受ける。

○打感

 飛距離性能もそうであるが打感も大手メーカーのクラブと一味違った。
打った瞬間、柔らかくしっかりした打球感が伝わり球持ちもいいのだがその後なんとも表現しがたい独特の弾き感と共に球が飛んでいく。
大手メーカーの弾きの強いタイプはあまりフェースの撓み感がないのだがこのカムイTP07Sは撓み感が感じやすくいかにもフェースが薄い感じが良く伝わってくる印象である。

○総括

 上級ハードヒッターが最長飛距離を目指すためのドライバーである。
飛距離性能は明らかに高いがミスに対する許容度はそれほど高くないので使うのは中級者以上にしたほうがいいだろう。
また飛び方も弾いてはくれるものの高さは出にくいタイプなのでHSも早めのゴルファーでないと安定して飛距離は稼げない印象である。
例えて言うならタイトリスト913D3やツアーステージ709D430をより競技思考にブラッシュアップしたようなドライバーであるので誰もがその飛距離性能を享受できるものではない点は考慮にいれたほうがいいだろう。

採点

飛距離S 方向性B やさしさC 構えやすさA 打感A

弾道  ややドロー

総合点  90点





プロギア ID ナブラレッドアイアン(nabla RED)

nablarediron1.jpg

プロギア ID ナブラレッドアイアン(nabla RED Iron)について試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 7I  シャフト 純正カーボンシャフトM37(R)

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合はかなり捕まる印象でいくら打ってもフック系の球しか出なかった。
捕まり具合は完全にスライサー用といった感じでそれ以外のゴルファーが打つとフックが怖くて使えなさそうである。
ある意味安定してフックするのでスライサーには丁度いいのだろうが練習をしていきたい上昇志向のゴルファーが使うべきクラブではなさそうだ。
やさしさについてはアベレージ・シニア向けモデルらしくどこに当たっても距離のロスはほとんどない。
少々ミスしてもかまわず遠くまで飛んでいく感じでアイアンでも距離を稼ぎたいゴルファーにはいいだろう。

○構えやすさ
nablaredoiron2.jpg

 グースネックで捕まりそうな顔をしているが実際見た目以上にクラブ自体は捕まる印象である。
ソールが厚く構えてみるとバックフェースから出っ張ってみえるのでアイアンというよりユーティリティーアイアンといった感じの雰囲気である。
少しチープでおもちゃっぽい感じは否めない見た目である。

○打感

 前項でも記述したが打った感じもユーティリティーアイアンと思ってもらっていいだろう。
フェースが物凄く弾く感じがあるのは致し方ないとしても凄く薄っぺらく軽い打感でいかにも中が詰まってない空洞のもので打っている感じがする。
極端に言えばヘッドが鉄でなくプラスチックで出来ているような感じさえ受けるなんとも軽い打感でチープな感じがしてしまう。

○操作性

 捕まり具合が強烈なのでどう打ってもフックしか出ない、極端にスエーすればフェード系も出そうだがスイングを崩しそうだ。
操作性は皆無と思っていいだろう。

○シャフト
nablarediron3.jpg

 純正カーボンシャフトM37について

 唯一良かったのが純正カーボンシャフトの出来であろう。
M37、Rフレックス相当ということで打つまではグニャグニャなものを想像していたがそんなことはない。
カスタムシャフトかというくらいにしなやかさと粘りがあり、先走り感もなく扱いやすくアンダースペックであったが軽さは感じたが強度的に頼りなさはほとんど感じなかった。
今ナブラシリーズのカーボンシャフトは全メーカーの純正シャフトの中でも最高の出来栄えといっても過言ではない感じがする。

○総括

 飛距離が欲しいスライサー・シニア限定のぶっつけ本番的クラブであろう。
HSが遅くて捕まりが弱いシニアやスライサーが使うと真っ直ぐ飛びそうなクラブである。
基本的に左に曲がるように出来ている感じなのでスライサーやシニアでも練習を定期的にするゴルファーはあまりスイング向上には役立たないだろう。
練習をほとんどせずにぶっつけでラウンドするようなゴルファーが使って初めて効果や性能を発揮するであろうクラブである。
スライスをとりあえずスイングでなく道具で解消したいゴルファーは使ってみる価値がある。
ちなみに飛距離性能もすこぶる高くUTで打ったような強弾道で飛んでいく。

採点

方向性D やさしさA 構えやすさC 打感D 操作性D

弾道  ドロー


総合点  45点



プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

筆者イチオシゴルフクラブ
ピン G400ドライバー                          ピン G400 FW                                                                                                          ヤマハ RMX UT                                      スリクソン Z785 アイアン                   クリーブランド RTX4ウェッジ            ピン  ヴォルト2.0デールアンサー
中古ゴルフクラブを探す
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
筆者イチオシゴルフシューズ
ミズノ GENEM 008 BOA
筆者使用中クラブ
タイトリスト TS3ドライバー                             タイトリスト TS2 FW                                                      タイトリスト 818H1 UT          タイトリスト AP2 718アイアン          タイトリスト SM7 ウェッジ          スコッティキャメロン スタジオセレクトニューポート
US直輸入クラブならジーパーズ
GDOでゴルフ場予約