ロイヤルコレクション 305V フェアウェイウッド

rc305V1.jpg

ロイヤルコレクション 305V フェアウェイウッドについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 5W18°  シャフト 純正シャフトRF-6(S)

○飛距離

 ロイコレのFWらしくなく凄く弾きがいいヘッドで芯に当たりさえすれば勝手にボールが飛んでいく感じである。
飛距離性能は昨今の低スピンのぶっ飛び系ほどではないがかなり優秀な部類に入る印象である。
またロイコレの本格モデルだとハードヒッターが叩いていけるようなモデルが多かったがこの305VはHSが遅くてもヘッドがオートマチックに仕事をしてくれる感じなのでハードさは全くなくSFDに近い印象である。
飛び方も低スピン過ぎないので十分高さが出せるし弾きもいいので勢いのあるビックボールで飛ばせる。
以前までのロイコレとは少し違い軟化している印象だが飛距離性能は高いものを感じた。

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合はやや良い印象で普通に打てば軽いドローが出そうな捕まり具合である。
左に行きにくいタイプではなさそうななのでフッカーだと少し左が気になるかなとも思えるが捕まり感が欲しい方なら問題ないレベルである。
直進性についても優秀で打ち出した方向に真っ直ぐ強く飛んで行って落ち際に少しドローする感じでイージーにターゲット方向に飛んでいってくれる印象である。
やさしさについてはロイコレの従来のイメージよりはSFDに近いかなりやさしさを感じる。アベレージモデルに近いセミアスリートモデルくらいの難易度でほぼアベレージモデルと遜色ないやさしさである。

○構えやすさ
rc305v2.jpg

 フェースの向きはほぼストレートでヘッドの座りも言うことなしである。
ほんの少しだけフックな印象を受けるが数値上はこれくらいでフェース角0くらいなのだと思う。
ヘッドの挙動と相まって捕まり感のある顔つきでやさしく捕まえられそうなイメージがわく。
捕まり感や見た目からフェードヒッターの方がフッカーより安心して構えられそうである。

○打感

 ロイコレのイメージではパーシモンらしくな柔らかく食いつき弾く感じがあまりない質実剛健なイメージだったがこの305Vはそれとはまた違ったものであった。
柔らかく食いつく感じはあるものの弾き感がかなりあり一旦ボールに食いついた後、勝手にボール弾き飛ばすような感触がすごくあり、コントローラブルというよりオートマチックな印象の打感である。
見た目が本格派っぽいだけにもう少し弾き感がおとなしい方がイメージとマッチングがいいような気はする。

○シャフト
rc305v3.jpg

純正シャフト RF-6(S)について

 見た目から元調子系の先がしっかりした叩けるシャフトかと思いきや結構、動きしなりがあるタイプである。
手元もそれほど硬くなく切り返しでしなってくれるのでタイミングは取りやすいが行き返し後は加速してしなり戻りボールを弾き飛ばす感じで粘り感はあまりなく捕まりも良さそうなシャフトである。
見た目のイメージほどしっかり感はなく普通の純正シャフトのS程度だと思ったほうがいいだろう。
しっかり叩きたいゴルファーはカスタムシャフトにした方がいいかもしれない。

○総括

 見た目はオーソドックながら飛距離・やさしさともにハイレベルなフェアウェイウッドである。
少し捕まりが言い分、フッカーは少し左が気になるかもしれないがあくまで叩きに行った場合の話である。
昨今のぶっ飛びFWを除けば飛距離性能はトップレベルだし癖のないやさしさで扱いやすさや弾道の安定感から平均飛距離ではそれらに上を行くかもしれない優秀さがある。
ロイコレらしさは少しないが性能的には申し分ないFWであるように感じた。

採点

飛距離A 方向性B やさしさA 構えやすさA 打感B

弾道  ややドロー


総合点  90点





スポンサーサイト

MP  METAL TI(メタルチタン) FW

MPMETALTI1.jpg

MP METAL Ti(MPメタルチタン)FWについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 5W18°  シャフト 純正カーボン MPスペシャルチューンF(S)

○飛距離

 チタンフェースということで当たれば勝手にぶっ飛んでいくようなイメージであったが打った感想はこれがチタンなのかなと思うほど大人しく、ある程度パワーがないと飛ばせないかなという感じであった。
チタンの割りに弾く感じがあまりなく球の高さも中弾道でスピン量も少なそうでオートマチックに弾き上げてくれるような感じはない。
HS45以上である程度叩いていける方にはパワーを無駄なく伝達できそうなイメージだがそれ以下のゴルファーだと飛距離的にはそれほど期待できない印象である。
チタンモデルであるが飛ばないわけではないが飛び系のFWでないように私は感じた。

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合は純正シャフトがしっかりしているのと重心距離が短そうなのにヘッドが返りにくいので比較的捕まりにくい方だろう。
ドローヒッターが打って丁度ストレートボールが出そうな感じの控えめな挙動でハードヒッターが打っても左へ行く心配はかなり少なそうだ。
直進性はそれほど高くなさそうだがヘッドの動きが穏やかなので結果的にそれほど曲がりやすい印象はないが操作性したいときには曲げれるような感じはある。
やさしさについてミスに対してやさしい感じはないが少しミスしたくらいでは致命的なダメージは受けないので難しくはない。
セミアスリートモデルが最近は軟化しているがそれよりは気持ち難しいという印象である。

○構えやすさ
MPMETALTI2.jpg

 ヘッドの大きさは小ぶりすぎず大きすぎず頃合いの大きさでフェースの向きもストレート、ヘッドの座りも悪くない、癖がないので多くのゴルファーが構えやすいと感じれる形状である。
捕まりが大人しい分、気持ちフェードヒッターよりドローヒッターの方がしっくりくる感じがする。

○打感

 チタンと名が付いているものの打感はチタンっぽいチンっという感じはほとんどない。
高反発素材を使っているような感じがなくバシッというようなしっかり打感である。
フェースへの食いつき球持ちもよく勝手に飛んでいくというよりしっかり叩いて押していかないと飛ばなさそうな打感であり実際の打球もそういった感じである。
MPとつくだけあってアスリートがこの見そうなコントロールしていくタイプの打感である。

○総括

 チタンとは名ばかりのアスリート向け本格フェアウェイウッドであるように感じた。
多くの方が思うようなチタンフェースのフェアウェイウッドではないと言っていいだろう。
MPの名がつくとおりアスリートは叩いていけるような本格的なFWであると思ったほうが良い。
HSが遅めな方や球の捕まりがイマイチな方は手出しはしない方がいいだろう。
どちらかといえばVスチールのようにしっかり叩いて打球をコントロールしていきたいゴルファーが使い易そうである。
フェースに当たればオートマチックに飛んでいってくれるような飛距離追求型のFWではない。

採点

飛距離C 方向性B やさしさB 構えやすさA 打感B

弾道  ややフェード

総合点  75点






2013 オノフ フォージドアイアン

onoff13firon1.jpg

2013 オノフ フォージドアイアン について試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 7I  シャフト NSPRO850GH(R)

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合は気持ち捕まるかなというぐらいの程よい捕まりでニュートラルな印象。
直進性も見た目のシンプルさからすると操作性が良さそうでやや曲がり易い感じもするが極めて安定感がある感じで曲がり易いことはない印象である。
セミアスリートモデルの中でも比較的曲がりにくいように感じる直進性を有している。
やさしさも直進性と同様に敷居が低い感じだ。
アベレージモデルほどどこにあたっても変化がないわけではないが少々ミスしてもそれほど球筋には影響が出ない感じでこちらも見た目よりはイージーと思っていいだろう。

○構えやすさ
onoff13firon2.jpg

 セミグースのネック形状でヘッドも程よく小ぶり、トップブレードも厚すぎないのでもったりした感じはない。
ややシャープめなセミアスリートモデルらしい形状であるが随所に行き過ぎていない易しく感じる要素があるのでアベレージモデルを卒業したゴルファーも本格モデルよりも少しやさしさが欲しいゴルファーにも安心して構えやすいアイアンである。
またグースが入りつつもネックからフェース面までが近いので引っかかる感じがあまりなくドローヒッターもフェードヒッターもどちらも構えやすいように感じた。

○打感

 軟鉄鍛造らしい柔らかく食いつく打感で良い打感であるのは間違いない。
しかし有る意味、なんともオーソドックスな良い打感で特段印象的な部分もないのも正直なところであった。
そういう意味では軟鉄鍛造アイアンの良い部類の中で極めて標準的な打感といっていいのかもしれない。

○操作性

 見た目のシンプルさから操作性重視の曲げていくアイアンなのかと思ったが打ってみると、心配するようなじゃじゃ馬感はなく、極めて扱いやすい範囲内での操作性で直進性と操作性のバランスは抜群である。
気持ち捕まりがいいので普通に打てばほんの少しドローするのでドロー系の球の方が操作しやすいが意識して逃がして打てばしっかりフェードボールも打てる、またフェードでもあまり逃げすぎないのが印象的であった。
もっと曲げて行き易いアイアンはあるが個人的には一般ゴルファーが操作していくにはこの程度の範囲内で十分なように思う、そういう意味では操作性のバランスは最高である。

○総括

 癖がなくやさしくシンプルな見た目のアイアンを求めるゴルファーにオススメである。
見た目はシンプルでやや難しそうな印象も受けるが中身はセミアスリートモデルとしてもやさしめの部類でアベレージモデルを卒業したいゴルファーでも安心して使えるレベルのアイアンに思える。
セミアスリートモデルでも見るからにポケットキャビティーなものもあるがこのアイアンはシンプルなわりにそれらと難易度でそれほど大差ないのが印象的であった。
構造がシンプルな分、打感も犠牲になっておらず構えやすさも上々である。
地味ながらなかなか隙のないアイアンであるように思う。

採点

方向性B やさしさB 構えやすさA 打感A 操作性A

弾道  ややドロー

総合点  90点





プロフィール

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5