ロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイウッド

305v1.jpg

ロイヤルコレクション BBD306Vフェアウェイウッドについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 5w18°  シャフト 純正ランバックスRC 60S

○飛距離

 ロイヤルコレクションらしい安定志向の飛距離性能で低スピンのぶっ飛び系と違い、しっかりキャリーが出て安定して飛ばせる印象。
純正シャフトが少し走り感があるせいなのか球は意外にもあがりやすく過去の本気モデルのようにハードヒッター向きといテイストはまったく感じなかった。
むしろ標準か遅めのHSのゴルファーの方が打っていてマッチしそうな感じの敷居の低さを感じる。
ハッドヒッターだと少しあがりすぎるかもしれないソフトさがあった。
総じて飛距離性能は中の上といった感じでぶっ飛び系よりも劣るが低い性能ではないと言える。

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合はやや捕まるかなという程度で癖がないのでドロヒッターでもフェードヒッターでも捕まり感を感じつつ打っていけるのではないだろうか。
直進性もロイコレの本流モデルとしては曲がりにくい印象で少しの操作性を残しつつも安定志向に振って曲がりにくくなっている感じがした。
やさしさについても同様でややトップ気味でも球はあがりやすいし少しの打点のズレなら飛距離も方向性もほとんど影響を受けない。
昔のロイコレのイメージを持っている方が打つと拍子抜けしてしまうようなやさしさである。

○構えやすさ
305v2.jpg

 ロイコレらしいストレート~気持ちオープン目のフェース角で気持ち左めにフェースを置くとターゲット方向をしっかり向いてくれる。
ヘッドの座りも上々で払い打つ感じでも打ち込む感じでもどちらでもイメージしやすく構えやすい印象である。
またオープンめのフェースだがヘッド自体に捕まり感があるので右へ逃げそうな感じはあまりわかないので構えやすさでも癖がなくドローヒッター、フェードヒッターともに扱いやすそうである。

○打感

 少し残念であったのは打感である。
かつてのパーシモンライクな感じの柔らかく食いつく感じでパシッという控えめな打音ではなく、少し弾き感があり軽快な感じの打感である。
もちろん嫌な硬さではなく柔らかく弾く感じなのでが少し薄っぺらい感じでかつての重厚感はあまり感じられなかった。
悪い打感ではなく、これはこれでいいのだが個人的にかつてのロイコレの打感が印象的だったので少し残念である。

○総括

 かつてのロイコレのイメージからかなり軟化したオールラウンドなFWである。
ハードヒッターや上級者向けというイメージがあったロイコレのFWであるが本流のモデルであろうBBD306Vもかなりやさしくなった印象である。
やさしいシリーズでSFDがあるのだから差別化を図るためもう少しハードな味付けをしても良かったのではと思わせるくらいやさしくなっているように思える。
アスリートモデルなのかもしれないがセミアスリートモデルと通り越してアベレージモデルに近いポジションまできてしまった感がある。
確かに扱えるゴルファーの幅は広がったがハードヒッターや上級者は少し物足りなく感じてしまうのではないだろうか。

○採点

飛距離B 方向性A やさしさB 構えやすさA 打感B

弾道  ややドロー

総合点  85点







スポンサーサイト

プロギア ID nabla tour(ナブラツアー)アイアン

nablatour1.jpg

プロギア ID nabla tour iron(ナブラツアーアイアン)について試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 7I   シャフト ダイナミックゴールドS200

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合は非常にニュートラルで素直な感じ捕まり感はありながらも捕まりすぎずスイングなりの弾道が出る印象である。
また操作性がありながらもピーキーな感じはなく直進性の良さも感じさせる非常にバランスの良いアイアンでアスリートモデルながら打ちやすいアイアンと感じさせてくれる。
やさしさについても同様で超簡単とは言えないが見た目や構造からするとかなり簡単に感じるのではないだろうか。
実際のスイートスポットはそれほど大きくないのかもしれないがヘッドの形や挙動の素直さからミスをカバーするというよりミスが出にくいといった感じがするやさしさを感じる。

○構えやすさ
nablatour2.jpg

 ネック形状はほぼストレートでシャープな感じではあるものの、ストレートネックのモデルのわりにはヘッドの大きさは小さ過ぎずそれほど身構えるほどの威圧感はない。
逆に操作していきたい時にはグースがない分弾道をイメージしやすいしヘッドも中ぐらいなのでミスヒットも意識しなくて安心感を持って構えられるのではないだろうか。
球の捕まりがやや弱いゴルファーは少し球が逃げそうな感じもするが実際打ってみるとヘッド自体に捕まり感があるのでその不安はあまり必要なくなるだろう。

○打感

 軟鉄鍛造らしい柔らかい打感で秀逸で文句はない。
また柔らかいだけでなくキャビティーながらしっかりした打球感も感じれて薄っぺらい感じではなく厚いインパクトも体感できるところは軟鉄鍛造アイアンの中でも限られたもののひとつである。
マッスルやミズノのものと比べると気持ち劣るがあくまで最上級と比べての話で不満が出る余地はないだろう。

○操作性

 アスリートモデルで操作性重視のポジションのモデルであるが神経質な部分やピーキーな感じはなく、むしろ扱いやすく、なおかつ素直にスイングに反応してくれるバランスのとれた操作性を感じる。
操作性バリバリのアイアンがハイパワーのマニュアル車とするならこのアイアンはミドルパワーのセミオートマチック車という感じで操作の範囲がある程度の範囲内の限定されている分じゃじゃ馬感がなく誰が乗ってもそれなりに扱える感じである。
バリバリのアスリートアイアンにあこがれる部分は多くのゴルファーが持っているだろうが実際のラウンドを考えるとこういったアイアンと天として考えて腕を磨いていった方がストレスなくゴルフができそうである。

○総括

 非常にバランスのとれたアイアンで今年のベストを争うくらい出来のよさを感じるアイアンである。
いろいろアイアンを試打してきたけれどもその中でもかなり好印象で今年のマイベストアイアンともいえるスリクソンZ725に匹敵するくらいのバランスの良さを感じさせるアイアンである。
マイナスポイントはほぼ皆無であるし良いポイントはいくらでも上がってくるアイアンでシャープでかっこよい見た目ながらやさしく癖がない、私のみならず多くのゴルファーが求める要素をかねそろえていると言っても過言ではないだろう。

採点

方向性A やさしさB 構えやすさA 打感A 操作性A

弾道 ストレート

総合点  95点







マスターズ ASTRO PREMIUM D460(アストロプレミアム)ドライバー

astro1.jpg

マスターズ ASTRO PREMIUM D460(アストロプレミアム)ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 10°  シャフト 純正カーボン(S)

○飛距離

 飛距離性能についてはマニアックなクラブ独特の尖った部分がなく驚くほど飛びはしないが飛ばないこともない中の上といった感じである。
飛び方も低スピンすぎず球も上がりやすくキャリーを出していきやすいので一発はないが安定して誰でもそこそこ飛ばせるクラブといった感じである。
打つまでは地クラブ的なのりのクラブで飛距離追求型かと思っていたが打つとかなり安定志向なクラブであることが伺える。

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合はニュートラルで同メーカーとしてはアベレージ向けのモデルだと思われるがそのわりには捕まりは標準的、ストレート~ややドローが出やすい挙動で捕まりすぎる心配はそれほどいらない。
直進性も上々で曲がりにくい印象、極端に打ち出しさへしなければおおむねターゲット近辺には着弾してくれる。
やさしさも意外といっては失礼だが優秀でミスしても距離のロスは極めて少ない印象だし直進性の強さと相まって極端なミスをしなければ大ケガすることはほとんどなさそうである。

○構えやすさ
astro2.jpg

 デカヘッドのモデルとしては珍しく形が整っており、なによりフェースの向きがすばらしい。
この手のアベレージ向けの460ccモデルは異形だったりフックフェースであったりとなにかしら我慢しないといけない部分があるのだがそれがまったくなく大ぶりではあるもののアスリートモデルと同じような構えやすさがあり非常に好印象であった。

○打感

 打感については正直まったく印象に残らないものであった。
カチカチに硬い嫌な硬質感もなければ特別上質な感じもしない、はじき感もほどほどで極めて平均的である意味誰が打っても嫌な感じはないだろうし反面、ほれぼれするほどのものもないというのが正直なところである。

○総括

 マイナークラブなので多少尖ったものを期待していたが打ってみた感想は極めて平均的であった。
ある意味マイナス点はあまりないのだけれど逆に言えば尖った部分がないだけに大手メーカーを押しのけてまでチョイスする理由もなさそうである。
とりわけ定価が安いわけでもないので平均点を上げるよりも多少難しくてもいいから飛距離に特化したほうが選択すべき理由が出てくるような気がする。
決して悪いクラブではなく、むしろ良くまとまっていると思われるがマイナーゆえのハンデを跳ねのける強い個性が欲しいところである。

採点

飛距離B 方向性A やさしさB 構えやすさA 打感C

弾道  ややドロー

総合点  80点





プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5