タイトリスト AP1 714 アイアン

AP1 7141 - コピー

タイトリスト AP1 714 アイアンについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 7I  シャフト 純正カーボン タイトリストMCI(S)

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合は意外に控えめ雰囲気的には捕まり系なのかと思いきやほんとにニュートラルでAP2と比べるとヘッドが大きいためか捕まりはAP2の方が良い印象であった。
それでも捕まりずらいということはなく返りすぎないという感じなのでどストレートな球が打ちやすい。
直進性もかなり優秀でアベレージモデルの中でも直進性は強いように感じた。
やさしさについてアベレージ向けの割には見た目はシンプルだが非常にやさしいアイアンであるように思う。
挙動も変な味付けがされず素直なので技量にかかわらずやさしく感じれるアイアンという印象である。

○構えやすさ
AP1 7142

 前作よりもよりグースが減って進化している印象。
ヘッドはやや大きめでトップブレードもぶ厚いがアベレージモデルという位置づけや性能を考えると非常にシンプルにまとまっているようで好感が持てる。
初心者にはそれなりに安心感を持たせてくれるし、上級者が構えてもそれほど違和感は感じないだろう。


○打感

 ステンレスの複合ヘッドながら硬さはなく軽めながらもそれなりに柔らかさのある打感である。
もちろん軟鉄アイアンと比較するには及ばないものの、妙な弾き感や性能重視のアイアンにありがちな嫌な硬さはない、重厚感や球持ちはそれほど良くないがステンレスモデルにしては打感は優秀な方に思える。


○操作性

 直進性が非常に強いので曲がりにくく操作はしにくいように思う。
挙動に癖がない分、ドロー・フェードどちらかが打ちにくいということはないが曲がり幅、操作の範囲は狭いように思う。
逆にドローを打とうとして右に打ち出したまままっすぐ行ってしまう心配の方が大きいかもしれない。
シンプルにまっすぐ構えて真っ直ぐ打って良さが出るアイアンといえるだろう。

○総括

 とにかくやさしく癖のないアイアンを探しているゴルファーには超オススメできるアイアンである。
若干、打感や見た目にアベレージモデル感はあるもののその性能は非常に優秀であるように思う。
挙動に癖がないので持ち球にかかわらず使えそうだしミスにも寛容で飛距離性能も高い。
純正のカーボンシャフトはタイトリストらしくしっかりしており軽量ながら軟さや頼りなさはなくかつしなやかに動いてくれて扱いやすかった。
構えやすさもこのジャンルのアイアンとしては良くできているように思う。


採点

方向性A やさしさA 構えやすさB 打感B 操作性C

弾道  ストレート

総合点  80点







ヤマハ インプレス RMX(リミックス) フェアウェイウッド

RMX FW1

ヤマハ インプレス RMX FW(リミックス フェアウェイウッド)について試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 5W18°  シャフト 純正カーボン ツアーAD MX-614F(S)

○飛距離

 飛距離性能については上々で飛ぶ部類に十分入る性能があるように感じた。
RBZやX HOTほど強烈な印象ではないがヘッドの弾きが良く平均よりは確実に上をいっている印象である。
飛び方的にはインプレスのアスリートラインをイメージしていたがそれとは違いしっかり叩いて飛ばすというよりはフェースの弾きでオートマチックに飛んでいく感じで中高弾道で伸びのある高初速の弾道が打ちやすい印象であった。
アスリートモデルっぽい低スピンの棒玉というよりはX HOTに近いフェースの弾きで飛んでいくような印象がありアスリートモデルといよりはアベレージモデルっぽい感じに思えた。

○方向性・やさしさ

 方向性について捕まり具合はアスリートモデルのように捕まりすぎない設定というよりほどほどに捕まってくれて軽いドローの弾道が出やすい感じで癖のないニュートラルな印象であった。
直進性は思いのほかよく曲がりにくい印象でこのあたりもアスリートモデルというよりアベレージモデルらしい雰囲気を感じる部分であった。
やさしさについてはブランドイメージよりはやさしく、アスリートモデルとアベレージモデルの間でかなりアベレージよりのやさしい印象であった。
トップめにはいってもそれなりに球は上がってくれるし、少しのミスで弾道が大きく変化するようなシビアさは微塵も感じず、アベレージモデルよりは少し難しい程度でその差もそれほど大きくはない感じがした。

○構えやすさ
RMX FW2

 フェースの向きはストレートでアドレスするには全く問題を感じないがヘッドの大きさが他の点でも感じたようにアスリートモデルのそれというよりアベレージモデルの大きさに思える。
全体的なシルエットはインプレスらしくまとまっているが大きさが大ぶりな分もったりした感じがするのはやや否めない。

○打感

 打感について、インプレスのアスリートモデルとは一線を画す打感であるように感じた。
控えめでいて柔らかくしっかりした手ごたえのある打感とは違い、フェースの弾く感じがすごくする打感で上質という言葉とはまた一味違う打感であった。
とりわけ硬さなどはなく爽快な弾き感でいかにも飛んでいる感じが体感できる打感で悪くはないのだが上級者が思うインプレスの打感とは違いアベレージモデルそのものという感じであった。

○総括

 飛距離の欲しい初・中級者にはオススメできるフェアウェイウッドである。
このRMX FWおそらく後に発売されるであろうインプレスアスリートラインとは違いアベレージ向けのFWであるように思える。
フェースの弾きが凄く良くそれほど叩かなくてもヘッドに当てさえすれば勝手にボールが飛んで行ってくれるし、ミスにもそれほど反応しない上、捕まり具合もやさしく捕まえてくれるので初心者向きのアベレージモデルと遜色なく使えるだろう。
ヘッドも大きいのでミート率にまだまだ不安があるゴルファーにも安心感が持てる。
純正シャフトのツアーAD MX-614Fも癖がなく先が走りすぎたり、粘りすぎて捕まりずらかったりすることがなくリニアにしなってくれる中調子で純正シャフトにありがちな頼りなさもないのでHS45までなら全然問題ないだろう。
ツアーステージで言えばGRのような感じでパッと見はアスリートモデルっぽいが中身はアベレージ向きのFWというかんいだろうか。

○採点

飛距離B 方向性A やさしさB 構えやすさB 打感B

弾道  ややドロー

総合点  80点





ピン EYE2 Becu アイ2 ベリリウムカッパー SW

eye21.jpg

もうラウンドでは使わなくなったものの初心者の頃バンカー用に役立ってくれた
ピン EYE2 Becu アイ2 ベリリウムカッパーについて評価したいと思います。

試打スペック  ロフト SW 57°  シャフト ダイナミックゴールドS200(リシャフト)

○やさしさ

 キャビティーでヘッドも大きく単品売りの出っ歯のウェッジに比べると古いモデルであるがやさしく感じる。
アバウトなアプローチになってしまうものの初心者やアプローチが苦手なゴルファーには救世主になりえる存在である。
バンカーもソールが広くバンスが効いているのでちょっとやそっとじゃ潜り込んでいかないので簡単にボールを跳ね上げてくれる。
最近はアベレージモデルもPWまでという感じになってきているが最初はこういったキャビティーのアイアンタイプでスクエアに打って苦手意識や失敗を減らしていった方がその後のゴルフが楽になるように思える。

○構えやすさ
eye22.jpg

 強烈なグースに独特のヘッド形状でお世辞にも構えやすいとはいい難い。
しかし唯一無二の存在でこれはこれでアプローチやバンカー専用のお助けクラブとして考えればありかもしれない。
そうは言うもののアイアンを打った後にアプローチでこれを構えると違和感を感じるのは事実である。
AWは出っ歯でSWはEYE2という場合も同様である。
ある程度特殊なクラブを構えると思ってアドレスに入らないとまごついてしまうかもしれない。

○操作性

 グースが強烈な割にはネック形状が工夫されているためだろうか開いても思ったほどネックに当たりそうな感じはない。
とはいえグースがある分、開いても強く出やすく逃がしてフワリという球は打ちにくくスクエアに構えてローボールでアプローチした方が打ちやすいし、ピンによっていきそうな感じがする。
操作できなくはないがそんな小細工するよりシンプルに打った方が良さや優しさが味わえるSWに思える。

○打感

 ステンレスモデルではなくベリリウムカッパーモデルであるが軟鉄ウェッジのような柔らかい感じはしない。
ステンレスに比べると幾分柔らかめだが軟鉄のように食いつく感じは少なくキャビティーなのもあり感触はアバウトでぼやけた感じがする。
悪い打感ではないので打っていて嫌になるとか不満があるわけではないや特別良いという感じもない。
中古の値段の差を考えるとステンモデルで十分なのかもしれないように思う。

○スピン(参考程度)

 溝規制で一時話題になったEYE2であるが打ってみた感じはそれほど特別スピンがかかるようには思えない。
最新のスピンがかかるモデルの方が明らかにスピン量が多いように思えるし食いつく感じも強い。
無論、当時としてはスピンがきいていたのだろうなと思わせる程度には効いている感じだが今現在にいたっては群を抜いてどうこうという感じはなかった。

○総括

初心者のバンカー専用・ローボールアプローチ専用のお助けクラブとしてオススメする。
ゴルフを始めて間もない頃、ソールの使い方がわからずバンカーでザクザクやってバンカー恐怖症になっていたころこのEYE2を使うと不思議とホイホイ出るし寄ったのが印相的で今も手放さずおいている理由である。
ある程度ソールを使って開閉して打つようになると必要性はないのかもしれないがとりあえずシンプルにまっすぐ構えてアイアン的に打ちたい初心者には打ってつけのクラブのように思える。
ソールもかなり広くてバンスも強いので逆に言えばこのクラブでバンカーでザクッとやるようではどうしようもないと思わせるほど出やすいSWに思う。
バンカーに悩んでいるゴルファーがいるならバンカー専用と割り切っても持つだけの価値はあるだろう。

採点

やさしさA 構えやすさC 操作性C 打感B スピンB

総合点  70点

プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

筆者イチオシゴルフクラブ
ピン G400ドライバー                          ピン G400 FW                                                                                                          ヤマハ RMX UT                                      スリクソン Z785 アイアン                   クリーブランド RTX4ウェッジ            ピン  ヴォルト2.0デールアンサー
中古ゴルフクラブを探す
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
筆者イチオシゴルフシューズ
ミズノ GENEM 008 BOA
筆者使用中クラブ
タイトリスト TS3ドライバー                             タイトリスト TS2 FW                                                      タイトリスト 818H1 UT          タイトリスト AP2 718アイアン          タイトリスト SM7 ウェッジ          スコッティキャメロン スタジオセレクトニューポート
US直輸入クラブならジーパーズ
GDOでゴルフ場予約