ブリヂストン J715B5 ドライバー

IMG_0846 - コピー

ブリヂストン J715B5 ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 9°  シャフト 純正カーボン TOURAD J15-11W(S)

○飛距離

 J715B3と同じく飛距離性能は高い印象。
球質自体は似たような棒玉で静かに飛び出してなかなか落ちてこない球だがJ715B5の方がより強い弾道でランが出そうな感じである。
中弾道低スピンで球はやや上がりにくい印象、十分な高さを出すにはやはりHS45以上あった方がよさそうだ。
それ以下でも打てなくはないが安定して飛ばすのにも十分な性能を引き出すにもハードヒッターの方が適しているだろう。

○方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合はニュートラル、B3に比べると捕まりを抑えた印象で比較的引っかけにくいように感じた。
直進性は体積の割には優秀で見た目ほどのシビアな感じはなくほどほどに操作性を残しつつ安定感を重視しているようだ。
やさしさについてはやさしくはないもののアスリートモデルの上級モデルとしては難しくないように感じた。
大きなミスでなければそれほど極端に距離をロスすることはなかった。

○構えやすさ
IMG_0847 - コピー

 パッと見はJ715B3とほぼ同じで形はそのままに小さくしたような印象。
フェースの向きも気持ちフック気味で捕まりはほどほどだがフッカーよりもフェードヒッターの方が構えやすそうだ。
全体的な印象はアスリートモデルらしい締まった形状だがアスリートモデルならニュートラルな状態で気持ちオープンめにしておいてほしいところであった。

○打感

 打感もJ715B3と同じような弾き感のほとんどない控えめな打感。
静かな打音と柔らかい打感、しっかりした球持ちでアスリートモデルらしい打感といっていいだろう。
ただパーシモンライクな感じとは若干違い、ややぼやけたような感じがしてしまうのは気のせいだろうか。

○総括

 中上級フェードヒッターにおすすめのアスリートモデルドライバーである。
基本的に吹け上がりにくい設定なのでハードヒッター向けのドライバーと思った方がいいだろう。
中でもややフック気味のフェイスと捕まり具合からフェードヒッターの方が相性は良さそうだ。
ドローヒッターでも使えなくはないが叩きにいった時に巻き球が気になって振りきれない場面が出てくるかもしれない。
ミスに対しては同ジャンルのドライバーとしてはそれほどシビアでないので体力があれば中級者からでも使えそうだ。

採点

飛距離A 方向性B やさしさB 構えやすさB 打感B

弾道  ストレート


総合点  80点

 


スポンサーサイト

ブリヂストン J715B3 ドライバー

IMG_0844 - コピー

ブリヂストン J715B3 ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック   ロフト 10.5°  シャフト 純正カーボン TOURAD J15-11W(SR)

○飛距離

 飛距離性能について打った感じはそれほどでもないようだが実際の着弾点はかなり飛んでいる。
あまり弾き感はなくドローンとした棒玉で飛んでいくので飛んでいる感じはそれほどないのだが高弾道低スピンでなかなか落ちてこない伸びのある弾道が打ちやすいドライバーである。
低スピンドライバーの割には球は上がりやすいので平均的なHSがあれば十分にキャリーを出していけるし低スピンなので落ちてからのランも期待できる弾道である。

○方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合はアスリートモデルとしては捕まりは良い方だろう。
フッカーだと強振した時の巻き球が少し気になるレベルでGRに近いやや捕まり系のドライバーに思える。
直進性はまずまずで曲がりやすさは感じないのでアスリートモデルとしては曲がりにくい方だろう。
やさしさについては見た目の割にやさしい印象でGRと大差なくアスリートモデルの中ではかなりやさしく感じた。
大きなミスをしなければそこそこ飛んでくれるし捕まりすぎ以外で大きく曲がることは少ないだろう。

○構えやすさ
IMG_0845 - コピー

 460CCのモデルとしてはオーソドックスな形状にまとまっていてアスリートモデルらしさを感じれる。
フェースの向きは気持ちフックな感じで捕まりもいいのでフッカーはやや構えずらいように思う。
逆にフェードヒッターは逃げる感じがないので安心して打っていけるのではないだろうか。

○打感

 打感は独特で弾き感はほとんど感じない、柔らかい打感で球持ちもよい。、
すごく弾くような感じはないのに静かに飛び出していってなかなか落ちてこない不思議な感じである。
総じてアスリート好みの穏やかでしっかりした打感、おもいっきり叩いていきたくなるような打感である。

○総括

 捕まりがいいアスリートモデルドライバーを探しているゴルファーにはオススメである。
アスリート系のジャンルのドライバーとして捕まりは最も良い部類に入ると思われる。
スライサー用のよう強烈な感じではないがフェードヒッターなどが捕まり感が欲しいなら丁度いいだろう。
逆にフッカーは正直使いにくく叩くとフックしそうで思いっきり打ちにくいように思う。
フェードヒッター用アスリートモデルという感じのドライバーに思える。

採点

飛距離A 方向性B やさしさA 構えやすさB 打感B

弾道  ややドロー

総合点  85点





ブリヂストン J15DPF アイアン

IMG_0842 - コピー

ブリヂストン J15DPF アイアンについて試打評価したいと思います。

試打スペック   ロフト 7I    シャフト NSPRO950GH(S)

○方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合はやや捕まる程度の程よさストレートを意識して軽いドローが出る印象。
直進性はJ15DF同様と同程度に優秀、アスリート系のモデルといてはかなり直進性は強い印象。
やさしさについてもアスリートモデルといてはかなりやさしい部類に入るだろう。
ブリヂストンのラインナップが一新されてたが前のGRフォージドくらいのやさしさと言えば想像しやすいだろうか。
J15DFよりも少しだけマニュアル感がある分だけスイング軌道に少しだけ正直な感じに思える。

○構えやすさ
IMG_0843.jpg

 少しだけグースの入ったセミグースであるがストレートネックに近く感じる見た目で構えにくさは全くない、トップブレードも厚くないのでむしろシャープさを感じるくらいだ。
ヘッドサイズも小さすぎないミッドサイズ、ミスヒットが気にならないサイズ感でこのアイアンのターゲットには丁度良い安心感をもたらしてくれるように思う。

○打感

 J15DFのような反発フェースでないのでそれなりに軟鉄アイアンの打感を味わえる。
J15CBなどに比べると堀りが深く、異素材がミックスされているのでクリアな軟鉄の打感とはいいがたいがまずまず柔らかく、球持ちの良い打球感である。
異素材の効果でミスヒットしても振動しにくい分、芯を食ってもややぼやけた感じは否めない。

○操作性

 J15DFと比べると勝手に飛んでいく感じがなく球持ちも良いので操作性の良さは勝っているように思う。
とはいっても直進性が強いのでいわゆるアスリートモデルの操作性というほどの操作性ではなく、曲がり幅を抑えつつも必要最小限の操作性は確保されているというレベルに思える。
むしろ中級者以下だとこれくらいの操作性の方が扱いやすく、曲がりすぎを気にせず思い切って操作できるかもしれない。


○総括

 中級者が使うにはうってつけの軟鉄アイアンである。
アスリート系の軟鉄アイアンとしては最もやさしい部類と言ってもいいぐらい寛容なアイアンであるように思う。
直進性も高く安心して打って行けるし打感もそれなりに軟鉄アイアンらしい打感で練習していて飽きることはないだろう。
ブランドも見た目もアスリートモデルらしい感じで所有感も満たしてくれるだろう。
アイアン全体の中でも個人的にはかなり高く評価したい。

方向性A やさしさA 構えやすさA 打感B 操作性B

弾道  ややドロー

総合点  90点






プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5