グラファイトデザイン ツアーAD MJ6

IMG_0856 - コピー

グラファイトデザイン ツアーAD MJ6(S)について試打評価したいと思います。

試打スペック  ヘッド インプレスRMX01 10.5°

○弾道・・・・・中高弾道

 球は上がりやすい印象、先が動くので打ちだし角を引き出してくれる感じである。
球は上がりやすいが吹けるような感じはなくある程度強い弾道で伸びていく球が打てるのは過去の先が動くシャフトより進化しているように感じる。
球は上げたいが吹けるのは嫌なゴルファーにはいいかもしれない。

○捕まり・・・・・捕まる

 カスタムシャフトとしては捕まる部類に入るだろう。
カスタムシャフトにしては先が結構動く印象でスライサーやフェードヒッターなどは球が逃げるのを臆せず振って距離を稼げそうだ。
逆にフッカーだと振りにいった時に先が暴れてチーピンが出そうな感じがして思いっきり振りにくいかもしれない。

○しなり・・・・先・元

 基本的にフレックスの割にはしなり感のすごくあるしなやかなシャフトであまりカスタムシャフトという感じがしない。
MTのパリっとした部分をしなやかにしたような感じのシャフト、切り返しで手元が少ししなってくれるのでタイミングは取りやすくそのまましなやかに先が動いて弾き飛ばすような感じのシャフトである。
手元よりは先の動きが大きいように感じる。

○シャフトタイプ・・・・・飛距離重視

 しなり両も大きく、先の動きも大きいので安定志向のシャフトとは言い難い。
シャフトのしなり、先の動きを生かしてボールを高く弾き飛ばして飛距離を生み出してくるタイプのように感じた。
叩きに行きたいゴルファーやフッカーが使うとやや方向がばらけてしまうのではないかと思う。

○総括

 シャフトに捕まりが欲しい方、球を高く上げて飛距離を稼ぎたいゴルファーにいいだろう。
MTのソフトバージョンといった印象のするシャフトであった。
基本的に捕まりが良いシャフトなのでスライサーやフェードヒッターの方が相性がいいだろう。
フッカーは捕まりすぎる場面が出てきて扱いにくく感じてしまうように思う。
また、球が上がりにくいゴルファーにも効果的で球をあげつつそれほどスピン量は増えない印象なのでキャリーを稼いで飛距離を伸ばせる可能性があるように思う。





スポンサーサイト

ヤマハ インプレスRMX UD+2アイアン

IMG_0848 - コピー

ヤマハ インプレスRMX UD+2アイアンについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 7I   シャフト NSPRO ZELOS7(R)

○方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合は意外にニュートラル、というより直進性が強すぎて捕まりは良いがまっすぐしか飛ばないような印象である。
捕まりが悪いわけではないのでフッカーはもちろんスライサーでも問題なさそうだ。
直進性は上記のとおり、最高レベルの直進性でおそらくアイアンとしては最高の部類に入るのは間違いないだろう。
やさしさについても最高にやさしい、どこに当たっても構わずまっすぐ飛んで行ってくれる感じで打ちだし方向さへ間違わなければターゲットに着弾してくれるだろう。

○構えやすさ
IMG_0849 - コピー

 この手のユーティリティーっぽいアイアンとしてはグースはかなり控えめでターゲットにセットするのにはそれほど違和感はない。
ただバックフェース後方の出っ張りはやはり気になってしまう、ユーティリティーと思って打てばいいのだろうがアイアンだと思うとどうしてももったりしていて違和感を感じずにはいれない。

○打感

 打感はすごい弾き感でボールがすっ飛んでいく感じでアイアンの打感とは言い難い。
打った手ごたえも硬さはなく嫌な感じはないものの薄い中空間がすごく感じる。
アイアンと思わなければ爽快な打感でこれはこれでいいと割り切れる方なら気にならないかもしれない。

○操作性

 操作性ははっきりいってないと思っていいだろう。
少々アドレスを工夫してもまっすぐ飛んで行ってしまう、下手に操作すると打ちだし方法にまっすぐ突っ切ってしまうリスクの方が気になってしまう。
最もこのアイアンを求めるユーザー層は操作性は期待していないので問題はないのかもしれないが。

○総括

 飛距離は欲しいが挙動や見ために癖のあるアイアンは嫌だというシニアゴルファーにはオススメである。
モデル名の通り2番手飛ぶアイアンという触れ込みだが実際のロフト角も2番手近く立っているのと高反発素材で距離を引き出しているアイアンである。
こういったアイアンの割にはグースも少なく挙動も大人しめなので飛び系アイアンやシニア向けのユーティリティーアイアンを探しているが捕まりすぎたり、グースがきついのは嫌だというゴルファーにはかなりオススメできる。

○採点

方向性S やさしさS 構えやすさC 打感C 操作性D

弾道  ストレート

総合点  75点





ヤマハ インプレスRMX01ドライバー(2015)

IMG_0852.jpg

ヤマハ インプレスRMX01ドライバー(2015)について試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 10.5°   シャフト ツアーAD MJ6(S)

○飛距離

 RMX02と同じく程よい弾き感で伸びのある弾道で飛距離性能は高いように感じた。
弾道的には中弾道低スピンという印象でよりハードヒッターが打っても吹けずに伸びていく性能になっている。
中弾道でやや球は上がりにくいが前作のRMX01に比べると扱いやすくなったように思う。
前作だとかなりしっかり打たないと上がりにくいというハードな感じがあったが今作はそう言ったシビアでハードな印象はなくなった。
基本はHS45以上の方がターゲットになってくるだろうがそれ以下の方でも球を抑えめに打ちたいゴルファーなら使ってもいいかなと思えるソフトさも感じた。

○方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合は程よいレベルでやや良い印象、RMX02より重心距離が短めのためヘッドは返りやすくストレートを意識して軽いドローが出やすい。
もっと捕まりを抑えた感じなのかと思ったが逆にRMX02少し捕まりは良いように感じた。
直進性はほどほどに良く、曲がりが気になるほどのシビアさはないが操作性も意識しているだろうなというスイングに対してリニアに反応する部分も垣間見える。
やさしさについても同様、バリバリのアスリートモデルほどのシビアさは感じない、小さなミスなら許容してくれるが基本ミスすればそれなりには弾道に影響を受ける。
難しいと断言するほどの難易度ではないがやさしいモデルとは言えないレベルのようには感じた。

○構えやすさ
IMG_0853.jpg

 アスリートモデルらしい塊感のある締まった美しい形状。
フェースの向きはRMX02と同じくほぼストレートで気持ちフックな捕まり感のある見た目である。
やはりフッカーだと左が怖い感じがしてしまうのでフェードヒッターの方がドンピシャで構えやすいだろう。
実際、捕まりはそれほど極端でないのがフッカーだとなかなか振りきれない感じがしてしまう。

○打感

 ほのかな弾き感と柔らかく、長い球持ちでしっかり球が食いつく感触とコントローラブルに跳ね返してくれる感じがする、ここ最近では出会っていないすばらしい打感。
RMX02とほぼ同じような打感であるが体積が小さい分かよりダイレクト感のあるアスリート好みのテイストが加わっているように感じた。

○総括

 中上級フェードヒッターには相性抜群のドライバーであるように思われる。
ドライバーの基本性能はすばらしいのひとこと、レベル的にはそこまで難しくないので中級者からでも使っていけそうな印象であった。
基本叩けるハードヒッターの方が身の丈にあっているがHS43程度あればそれほど支障はなさそうな感じであった。
捕まり具合はやや捕まる印象で見た目も捕まり感があるのでフェードヒッターの方がしっくりくるだろう。
打感や質感も高いので中上級フェードヒッターなら高い満足度を得れそうに思う。

採点

飛距離A 方向性B やさしさB 構えやすさB 打感A

弾道  ややドロー

総合点  85点



プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5