三菱レイヨン ディアマナ Bシリーズ

xdrive709d4303.jpg

三菱レイヨン ディアマナBシリーズについて試打評価したいと思います。

○試打スペック X-DRIVE709D430  B60(S)

○弾道・・・中弾道

 基本的に先が弾くシャフトでないので球の上がりは控えめである。
比較的球を抑えて強めの球で打っていきたいゴルファー向けであるが全体的にしなるのでそれほど上りにくい感じはなくハードな印象はなかった。
先硬のハードなシャフトは時にHSがないと弾が上らずスピンも少なすぎて飛ばないことがあるがこのB60はそこまでハードではなく気持ち上りすぎを抑えてくれる程度のものでHSがなくても扱いやすいだろう。

○捕まり・・・やや捕まらない

 青マナが全体がしなり自然にもどってきたのに対しディナマナBシリーズはより手元調子感が強く先が動く感じがさらに大人しくなっている感じがした。
捕まりに関しては青マナよりは気持ち控えめといった印象でより粘り系になっている感じがした。
元調子系ほどハードに捕まりを抑えているわけではないがストレートに打てば気持ちフェードしやすい感じがする。

○しなるポイント・・・中~元

 青マナがややしっかりめのシャフトだったのに対しディアマナBはかなりしなり感を感じやすくマイルドになっている印象である。
しなり方も青マナがハリのある中で全体が均一にしなり戻る感じだったのに対しディアマナBはかなりしなりやすく手元よりが大きくしなったまま先がそれほど戻ならないでインパクトを迎える感じである。

○シャフトタイプ・・・方向性重視

 先端の動きの大人しさから明らかに方向性重視のシャフトであろう。
シャフトが勝手に弾いてくれて飛距離を出してくれるようなシャフトではないので自力で持っていかなければならない。スインガーよりヒッター向きのシャフトであるように感じる。
ハードヒッター用としてはしなり感が強いので平均的なヘッドスピードだがしっかり振って行きたいゴルファー向きのシャフトであるように思える。
逆にハードヒッターだとしなやかすぎて少し頼りなく感じてしまうかもしれない。

○総括

 フック系のミスを減らしたいゴルファーや元調子系を使いたいがHSが速くないゴルファーによいのではないだろうか。
系統的には元調子系の方向性重視のシャフトであるがこの手のシャフトは往々にしてハードヒッターでないと扱いにくいものが多いがそんな中ディアマナBはしなやかでよくしなるのでそれほどHSがなくても十分扱える方向性重視のシャフトであり貴重な存在であるように思う。
しなり感は強いが実際方向はばらつかないものの不安に感じるハードヒッターの場合1フレックスあげてもいいだろう。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

筆者イチオシゴルフクラブ
ピン G400ドライバー                          ピン G400 FW                                                                                                          ヤマハ RMX UT                                      スリクソン Z785 アイアン                   クリーブランド RTX4ウェッジ            ピン  ヴォルト2.0デールアンサー
中古ゴルフクラブを探す
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
筆者イチオシゴルフシューズ
ミズノ GENEM 008 BOA
筆者使用中クラブ
タイトリスト TS3ドライバー                             タイトリスト TS2 FW                                                      タイトリスト 818H1 UT          タイトリスト AP2 718アイアン          タイトリスト SM7 ウェッジ          スコッティキャメロン スタジオセレクトニューポート
US直輸入クラブならジーパーズ
GDOでゴルフ場予約