スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロギア SUPER EGG(金エッグ)ドライバー

IMG_1057.jpg

プロギア SUPER EGG(金エッグ)ドライバーについて試打評価したいと思います。

試打スペック  ロフト 10°  シャフト 純正カーボンM37(R)

〇飛距離

 飛距離について試打したあとに知ったのだが高反発だけあって明らかに飛びます。
まず明らかに初速が速いし低反発モデルだと落ちてくるだろうなというところからもう一伸びがある感じである。
体感的には2インチ程度長尺の下駄をはいたような飛距離感であった。
飛び方も高初速の伸びのある弾道、球の上がりは思ったほどではなく中高弾道で勢いのある球が印象的である。
ある意味これを使うと低反発モデルが霞んで見えてしまうのでエンジョイ志向のゴルファーやシニアだけにしておいた方がいいかもしれない。

〇方向性、やさしさ

 方向性について捕まり具合はシャフトや柔らかいせいか捕まる印象でヘッドもオートマチックに捕まえてくれるような感触がある。
普通に打てば軽いドロー~ドローとドロー系の球が出る。
基本、強振すると捕まりすぎる感じなのでローヘッドスピーダーやスライサーあたりが扱いやすい設定に思う。
直進性も悪くはなく安定感はあるのだがヘッドの挙動かまっすぐ出てもドローしやすい印象。
やさしさについはイージー、高反発の効果か芯も広く感じる。よほど芯を外さなければ構わずぶっ飛んでいく印象である。

〇構えやすさ
IMG_1058.jpg

 捕まりの良さに反しフェースアングルはほぼストレート、構えにくさはないというよりもむしろ構えやすくヘッドも大きく形状もそれほど突飛でないので安心感が持てる形状に感じた。
打つまではそれほど捕まる雰囲気はないのだが打ってみると意外に捕まるのでその点はスライサーでも何球か打てばすぐになれるだろう。

〇打感

 高反発らしい爽快な弾き感で気持ちが良いなつかしい打感である。
フェースの薄さが感じれ低反発にはない打感である、私自信打つまで高反発だと知らずにうっていたが打感の懐かしさや飛びに明らかな違いを感じ調べて気づいた次第である。
久しぶりに高反発のドライバーを打ったがなつかしさと思いのほか良い打感に楽しく感じれるものであった。

〇総括

 エンジョイ志向のゴルファーやシニアゴルファーなら買っても良いだろう。
基本的に間違いなく飛ぶドライバーである。たまにゴルフに行くエンジョイ志向の方やどうにも距離が出ないシニアなら買っても良いだろう。
使う対象のゴルファーもローヘッドスピーダーやシニアになってくるだろうが基本的にまめに練習に行くゴルファーやまじめにゴルフを趣味としているゴルファーが使うのには微妙である。
基本、アマチュアがプライベートで使うには問題ないだろうがルール自体がプロからアマチュアに影響を与えている部分もあることを考えるとグレーゾーンっぽい感じになりかねないだろう。
しかし、努力でどうにもならないシニアの方ならありな商品とも思える。

採点

飛距離S 方向性B やさしさA 構えやすさB 打感B

弾道  ドロー

総合点  90点





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Duffer72

Author:Duffer72
年齢 30台
身長 170cm 65kg
HS 43
持ち球 ドロー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
筆者イチオシゴルフクラブ
ピン Gドライバー 2016            キャロウェイ X2 HOT FW スリクソンZ H45 ハイブリッド     スリクソン Z765 アイアン       クリーブランド 588RTXCBウェッジ          オデッセイ ホワイトホットプロ ハボック
中古ゴルフクラブを探す
GDOでゴルフ場予約
US直輸入クラブならジーパーズ
筆者イチオシゴルフシューズ
リンク
検索フォーム
楽 天 市 場
試打中最も飛んだドライバー
2016・5.24現在筆者の試打中
その他オススメクラブ
ピン GドライバーLSTEC 2016            キャロウェイ ビッグバーサFW            キャスコ パワートルネード7 タイプI            スリクソン Z565 アイアン
筆者使用中クラブ
タイトリスト 915D3ドライバー            タイトリスト 915F FW       スリクソン Z ハイブリッド          タイトリスト AP2 716アイアン          タイトリスト SM6 ウェッジ          スコッティキャメロン GOLO5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。